【ビデオ】「レンジローバー スポーツSVR」が、99カ所ものカーブがある天門山路で最速記録を達成! フェラーリの記録を破る!
Related Gallery:Range Rover Sport SVX Runs Tianmen Road

先月、ランドローバー「レンジローバー スポーツPHEV」が中国湖南省の天門山にある有名な岩の門「天門洞」を目指し、999段の石段を駆け上がるというスタントに成功したことをお伝えした。そして今回、再び中国人のレーシング・ドライバーであるホーピン・タンが、今度は「レンジローバー スポーツ SVR」で99カ所のカーブがある全長11.3kmの天門山路に挑み、最速記録に挑戦。9分51秒という新記録を達成した。

前回の挑戦でも天門山路を走破したものの、あの時点ではイタリア人ドライバーのファビオ・バローネが2016 年にフェラーリ「458イタリア」で樹立した最速記録に、ランドローバー車で挑むことは想定していなかった。ちなみにこのフェラーリは、2015年にバローネが世界的に有名なルーマニアの国道であるトランシルヴァニア山脈を越える峠道、トランスファガラシャンで9分13秒という記録を打ち立てた時と同じクルマだ。バローネが達成した天門山路での最速記録は10分31秒だったが、458イタリアより5ps上回る最高出力575psを発生するレンジローバー スポーツSVRによって、その記録は塗り替えられた。

SVRが搭載する5.0リッターV8スーパーチャージド・ガソリン・エンジンは最大トルク700Nmを発生し、0-100km/h加速は4.5秒。レンジローバーによると、今回の挑戦で使われたSVRは市販されているものと変わらないノーマルで、バローネのフェラーリは「手が加えられていた」という。とはいえ記録に挑戦するために性能を高めたのか、それともステッカーなどで外観を変えただけなのかは不明だ。



By Antti Kautonen
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Range Rover Sport SVX Runs Tianmen Road


■関連記事
【ビデオ】ランドローバー「レンジローバー スポーツ PHEV」が、中国の天門洞を目指し999段の石段を駆け上がる!

【ビデオ】ニュルブルクリンクで「レンジローバー・スポーツ SVR」がSUVの最速記録を達成

【ビデオ】「レンジローバー スポーツ」がスイスの難関スキー滑降コースを155km/hで駆け下りる!

■関連動画