アウディ、電動4ドア・グランツーリスモ「e-tron GT」の画像を初公開! ポルシェ「ミッション E」の兄弟車か?
アウディのモータースポーツ&高性能車部門であるアウディスポーツが、2020年に発表する完全電動4ドア・グランツーリスモ、その名も「e-tron GT」の画像を初公開した。このドイツの自動車メーカーは、2025年までに20車種の電動モデルを投入すると既に発表しており、その中にはアウディスポーツのパフォーマンス・モデルも加えると言及していた

アウディのルパート・シュタートラーCEOは、電気自動車のラインアップでもパフォーマンス・モデルが重要であると強調し、「我々は完全電気駆動の『e-tron GT』によって、スポーティネスを革新的に再解釈してご覧に入れます。この新モデルが我々のハイパフォーマンス・ブランドであるアウディスポーツを未来に導くのです」と語っている。

アウディの新世代電気自動車としては、まずSUVの「e-tron」が今年中に発売される予定だ。アウディによれば、価格は約8万ユーロ(約1,000万円)からになるという。このモデルはベルギーのブリュッセル工場で生産され、完全なカーボン・ニュートラルになるとのこと。フロントに1基、リアに2基の電気モーターを搭載し、最大150kWの急速充電に対応する。つまり、30分あれば長距離ドライブの準備が整うというわけだ。

アウディでは2025年までに販売台数の3分の1を電動化モデルが占めるようになるとしている。シュタートラーCEOによれば、ポルシェ共同開発することで、数億ユーロものコスト削減になるという。つまり、e-tron GTはポルシェの「ミッションE」とノウハウを共有するということだろう。

「アウディスポーツから電動化の未来をお見せしよう。これがアウディ e-tron GT プロトタイプのイメージだ。この純粋な電気駆動の4ドアGTが2020年、アウディスポーツの先陣を切る」


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
アウディ スポーツから2020年末までに最初のパフォーマンスEVが登場

【フランクフルトモーターショー2015】アウディ、航続距離500kmの美しいEV「e-tron クアトロ・コンセプト」を発表

ポルシェとアウディがEVプラットフォーム共同開発へ。互いの特色維持しつつ車台共有でコストダウン見込む

■関連動画