【噂】アストンマーティンから近々登場する新型SUVの名前は「ヴァレカイ」に!?
Related Gallery:Aston Martin DBX Concept

アストンマーティンが開発している新型SUVの名前は、これまで認知されていた「DBX」という名前でなくなる可能性が高いようだ。同社はこの新型SUVに「Varekai(ヴァレカイ)」という名前を採用したと、英国の自動車メディア『Autocar』が報じている。これが事実であれば、「ヴァンテージ」「ヴァンキッシュ」「ヴァルキリー」など、"V"で始まる他のモデルときれいに調和する1台が、アストンのラインアップに加わることになる。

「ヴァレカイ」という言葉は"どこにでも"という意味のロマ語に由来する。路面状況を選ばずどこへでも行けるSUVの名前としては最適だろう。ただ、アストンマーティンはこの名前の商標登録を申請しているものの、今回の情報についてのコメントは控えている。

どのような名前になろうとも、新型SUVが南ウェールズのセント・アサンにある新工場で製造されることは確かだ。英国空軍の旧基地を改装した工場が稼働すれば、この地域に750もの新たな雇用が生まれる。アストンマーティンは今年2月、この工場の改装の第一段階が完了したと発表しており、このまま予定通りに行けば、新型SUVは2019年に製造が開始される。そのパワーユニットについては、V型8気筒とV型12気筒エンジンに加え、ハイブリッドや現在開発中の完全電気駆動ドライブトレインも用意される見込みだ。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Aston Martin DBX: Monterey 2015

Related Gallery:Aston Martin DBX Concept Geneva 2015


■関連記事
アストンマーティンに、新型SUV「DBX」生産工場となるイギリス空軍の旧施設が引き渡される

アストンマーティンの「DBX」はメルセデス・ベンツのプラットフォームを採用せず独自に開発?

【ジュネーブ2015】アストンマーティンから、4輪駆動の電気自動車「DBXコンセプト」が登場!

■関連動画