ホンダ、大型ロードスポーツモデル「CB1100」シリーズのカラー設定と一部仕様を変更
Related Gallery:Honda CB1100

ホンダは、空冷直列4気筒1100ccエンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル「CB1100」シリーズのカラーバリエーションと一部仕様を変更し、新販売チャネルのHonda Dreamより4月20日(金)に発売すると発表した。


CB1100は上質感を表現したパールサンビームホワイトの1色設定とし、CB1100EXのカラーバリエーションは、深みのある質感に高級感を演出するキャンディークロモスフィアレッドとパールホークスアイブルーの2色を設定。


CB1100RSのカラーバリエーションは、軽快な印象のデジタルシルバーメタリックを新たに採用。またグラファイトブラックは、足回りをシルバーのモノトーン調で統一したカラーリングとし、従来のヘビーグレーメタリック-Uを加えた3色設定とした。また、グリップヒーター、ETC車載器、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)がCB1100にも標準装備された。


CB1100は、二輪車本来の普遍性を感じるデザインを追求するとともに、扱いやすい車体サイズに空冷直列4気筒エンジンを搭載したスタンダードなネイキッドモデルとして2010年に発売。翌年には前後スポークホイールの採用など、トラディショナルな印象をより高めたCB1100EXが追加され、さらに2017年、17インチキャストホイールを採用するなど、軽快でスポーティーな走りを実現したCB1100RSが加わった。

消費税込み価格は以下の通り。
CB1100:122万400円
CB1100 EX:133万8,120円
CB1100 RS:137万8,080円


ホンダ 公式サイト:CB1100
http://www.honda.co.jp/CB1100/

Related Gallery:Honda CB1100


■関連記事
【試乗記】ホンダの空冷インライン4、「CB1100EX」「CB1100」に乗った