【ビデオ】トヨタ、『グランツーリスモ』に登場する新型「スープラ」の走行映像を公開
トヨタは、6日に開幕したジュネーブ・モーターショーで、レース仕様という形ではあるものの、生まれ変わった期待の「スープラ」を初公開した。シャープな曲線によるアグレッシブなスタイルをしたこのクーペは、TOYOTA GAZOO Racingのカラーリングを纏ってトヨタのブースに展示されているが、間もなく実車よりも一足先にゲームの中でその走りを味わうことができるようになる。これに先駆けて、トヨタはレーシング・ゲーム『グランツーリスモ』の中で新型スープラが走る様子を収めた90秒の短い映像を公開した。

『グランツーリスモ』の開発元であるポリフォニー・デジタルは、4月にアップデートされる『グランツーリスモSPORT』で新型スープラが登場することを、以下のように発表した。

「GR スープラ レーシング コンセプトは、トヨタが2002年まで生産していたスポーツカー、スープラを16年ぶりにレーシングカーとして復活させたコンセプトモデルです。同車は、モータースポーツ活動及びスポーツカー・シリーズ『GR』を手掛ける、トヨタ『GAZOO Racing』によって開発されました。この伝統的なロングノーズ&ショートデッキの形状をしたマシンは、フロント・エンジン/後輪駆動の2ドア・クーペです。そのコンパクトなボディには、レースの最前線で使用される軽量かつ高強度なカーボン・コンポジット材などが採用されています。左右に大きく張り出した大型フェンダーやリア・ウイング、リア・ディフューザーなどは、優れたエアロダイナミクス及びドライブ性能を獲得するために開発されました」

『グランツーリスモ』の公式アカウントによる以下のツイートは、新型スープラが加わることを示唆しているのだろう。

「4月のアップデートをこんな感じで心待ち、チクタクチクタク」



By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Toyota GR Supra Racing Concept: Geneva 2018

Related Gallery:2019 Toyota GR Supra Concept


■関連記事
トヨタ、復活する「スープラ」をまずはレース仕様車として公開! FIA LM-GTE規定対応...ということは!?

トヨタのチーフエンジニアが、新型「スープラ」は直列6気筒ターボ・エンジンを搭載し、MTの設定はないと明かす

『グランツーリスモSPORT』、最新アップデートで新旧アルピーヌ「A110」やマン島最速スバル「WRX STI」など12車種を追加!

■関連動画