6速マニュアル・トランスミッションで乗れる最後の「DS 3」が、わずか20台の限定モデルとして発売
Related Gallery:DS 3 PERFORMANCE LINE MT

プジョー・シトロエン・ジャポンは3月12日、マニュアル・トランスミッションで乗れる「DS 3」の最終モデルとして「DS 3 PERFORMANCE LINE MT FINAL VERSION」を20台限定で販売開始すると発表した。


2009年にシトロエン「DS3」として発表され、DSがシトロエンから独立したブランドとなった現在は単にDS 3と呼ばれるこの3ドア・ハッチバックは、ベースとなったシトロエン「C3」の高級バージョンという位置付けと共に、2011年には世界ラリー選手権にも参戦し、あのセバスチャン・ローブがドライバーとマニュファクチャラーのダブル・タイトルを獲得した、競技車両のベース車というホットハッチ的な側面も持つ。そんなスポーティなキャラクターを牽引してきたのが、最高出力165ps/6,000rpmと最大トルク240Nm/1,400〜3,500rpmを発揮する1.6リッター直列4気筒ターボ・エンジンに、6速マニュアル・トランスミッションを組み合わせた「Sport Chic(スポーツ・シック)」と呼ばれるモデルだ。2016年にはシトロエンからの脱却を主張する「DS ウイング・グリル」と「LED ビジョン・ヘッドライト」が与えられ、高級感とスポーツ性を兼ね備えた大人のホットハッチとして独自の地位を確立していたものの、残念ながら今回の限定モデルをもって販売終了となる。


そんなマニュアルのDS 3最後を飾るDS 3 PERFORMANCE LINE MT FINAL VERSIONは、フロントとサイドに赤・白・金のバッジを装着、ドアミラーとリア・スポイラーにも同色の控えめなラインが入れられ、車内はDS PERFORMANCE LINEのロゴが刺繍されたダイナミカ&ファブリック張りのスポーツ・シートをはじめ、各部に専用ステッチが施される。エクステリア・カラーは全身ブラックの「ノアール ペルラネラ」と、白い「ブラン パールナクレ」のボディに「ノアール オニキス」の黒いルーフとミラーを組み合わせた2タイプが用意されるが、前者が限定わずか5台、後者も限定15台のみの販売となる。いずれも17インチのノアール(黒)アロイホイールを装着する。

消費税込み価格は、DS 3 Sport Chicから据え置きの299万円。ただし双方とも特別塗装色という扱いなので、ノアール ペルラネラは4万8,600円、ブラン パールナクレは7万200円のペイント・オプションが上乗せされる。

マニュアルでDS 3に乗りたかった方は、急いで全国のDS STOREまたはDS車取り扱いシトロエン・ディーラーまで。その際には公式サイトからクーポンを獲得して店頭で提示すると、本革にDSのロゴがあしらわれたオリジナル・キーホルダーがプレゼントされるというので、そちらのご用意もお忘れなく。


DSジャポン 公式サイト
http://www.dsautomobiles.jp

Related Gallery:DS 3 PERFORMANCE LINE MT


■関連記事
【試乗記】DSブランドの目指すところが、くっきり明確になってきた:島下泰久

■関連動画