ベントレー、競馬から着想を得たワンオフ・モデル「ベンテイガ・バイ・ミュリナー」を発表!
Related Gallery:Bentley Bentayga by Mulliner

ベントレーには、裕福な趣味人の顧客に合わせて同社の市販車に特別な仕上げを加える「ミュリナー」というコーチビルド部門がある。彼らはこれまで、SUV「ベンテイガ」にフライフィッシュ鷹狩りを楽しむための装備を加えた特別仕様車を発売してきた。だが、今回発表された豪華なワンオフ・モデルは、単に「ベンテイガ・バイ・ミュリナー」と呼ばれる。

ベントレーによれば、このベンテイガは競馬から着想を得ており、競馬場を運営するジョッキー・クラブとの障害レースの祭典「チェルトナム・フェスティバル」における協力関係を記念して造られた。高速道路で馬運車を牽引するより、そのままの方が断然よく見えると言わざるを得ない。


ボディの塗装はブリティッシュ・レーシング・グリーンを現代的にアレンジした「スプルース」と呼ばれるカラーを採用し、ブラックラインと21インチのダイヤモンド切削加工ホイールが足元を引き締めている。ウッド・パネルにはジョッキー・クラブのプライベート・ルームのようにバーウォルナットを使用し、金色で競走馬のグラフィックが描かれた。各シートにも馬と騎手の刺繍が施されている。

1750年に創立されたジョッキー・クラブは、チェルトナム競馬場をはじめ英国内にある15の競馬場を管理しており、ベントレーとは2015年からパートナーシップを続けている。このベンテイガ・バイ・ミュリナーは3月13日から16日に開催されるチェルトナム・フェスティバルで展示される予定だ。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Bentley Bentayga by Mulliner


■関連記事
ベントレー、フライフィッシング向けのアクセサリーを装備した「ベンテイガ」を公開

ベントレー、鷹狩りをたしなむ裕福な顧客のために製作された特別な「ベンテイガ」を公開!

【試乗記】ベントレー・ベンテイガ、ベントレー史上もっともオーナーを選ぶクルマと言っても過言では無い:今井優杏

■関連動画