Related Gallery:OAM2018 MMC Delica

大阪オートメッセ2018のカートップのブースでは、三菱デリカ」50周年を記念して、初代デリカと最新のデリカである「D:5」が展示された。

デリカと言えば、パリダカールラリーなどで活躍した「パジェロ」のミニバン版のような悪路走破性の良いオフロードミニバンというイメージだが、1968年に登場した当時は、なんと、1.1Lのエンジンを搭載したトラックとして発売されたとのことであった。

なお、その後1969年にワンボックスボディのデリカライトバン、デリカルートバン、デリカコーチが登場している。ちなみに名前のデリカは、お惣菜売り場のデリカテッセンではなく、デリバリーとカーを合わせた造語とのことなので、お間違えなく。


展示されたモデルは、1973年式のデリカ75だ。

今見ると現在のタフなイメージとは全く違う、丸くかわいいデザインが逆に新鮮に感じられる。スライドドアとリアハッチという組み合わせは50年前も今も同様だ。電動で開閉する機能は搭載されたが、このあたりの機構は50年前からあまり変わっていないという点は興味深い。

インテリアは、トラックベースということで非常にシンプル。今ではありえないくらいダッシュボードが短いのが印象的だ。

衝突安全性能が高められるにつれて、ワンボックスカーもボンネットやダッシュボードが長くなってきたが、今後自動運転が当たり前になって、ぶつからないクルマが浸透したら、このような短いダッシュボードのモデルが逆に当たり前になるかもしれない。


D:5と並ぶと、50年間で、現行モデルが大きく進化したことが分かる。

デリカシリーズは、乗用モデルとして、スターワゴン、スペースギア、D:5と歴代モデルでネーミングが加えられている。また、現在では、スズキ「ソリオ」のOEM版の「D:2」、日産「NV200バネット」のOEM版として「D:3」もラインナップされ、三菱の中でも主力ブランドとなっている。

一方、デリカというデリバリーカーのバンとしての進化では、4代目モデルから、元々ライバルモデルであったマツダ「ボンゴ」のOEMモデルとなり、その後5代目モデルは、日産「NV200バネット」のOEMモデルとなっており、現在では、デリカという名前だけが存続している状況になっている。

海外では、デリカD:5の後継モデルと言われているテスト車両なども目撃されており、年内のモデルチェンジ(マイナーチェンジ?)が噂されている。50周年となる2018年にどのようなモデルが登場するのかデリカの動向は注目だ。


■関連サイト
三菱自動車 公式サイト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

Related Gallery:OAM2018 MMC Delica