【ビデオ】リアル対バーチャル! ホンダ 「シビック Type R」でレーシング・ドライバーとプロ・ゲーマーが対決!
実車のホンダ「シビック Type R」とレーシング・ゲーム『Forza Motorsports7』に収録されたバーチャルなシビック Type Rが競ったら、どれくらい接戦になるだろうか? ゲームに採用されているバーチャルなロードアトランタは、実際のコースをどれだけ正確に再現しているのか? 現実のコースを走る経験豊かなドライバーは、バーチャルなコースを走るプロのレーシング・ゲーマーを倒せるのか? そんな疑問に対する答えとなる動画がホンダから公開された。

ホンダは『R vs R』と題した短い動画の中で、インディカーで活躍するグラハム・レイホールを、プロ・ゲーマーの "theSLAPtrain"こと、ピーター・ジェーキンスと対戦させた。この対決で両者が操るのは、共に縁のあるシビック Type Rだ。結果から言えば、両者のラップタイムは限りなく近いものとなった。接戦の様子は、実際に動画でご覧いただきたい。

この動画で注目すべきことの1つは、レイホールがあらかじめゲームで記録されたタイムと単に競っているわけではないという点だ。彼が乗るシビックのフロントガラスには複合現実(MR)が搭載され、ジェーキンスがバーチャルで運転するシビックの"ゴースト"(ゲームでよく目にするもの)が、リアルタイムで映し出される。しかし、レイホールが言うように、「シミュレーションでは恐怖を感じない。現実ではそれを感じる」。これは名言だろう。



By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2017 Honda Civic Type R: First Drive

Related Gallery:HONDA CIVIC TypeR


■関連記事
最新レーシング・ゲーム『Forza Motorsport 7』に収録される77車種の日本車が明らかに!

【短評】ホンダ「シビック TYPE R」に米国版Autoblog編集者が試乗!「トルクステアは無く、乗り心地も快適」

【試乗記】甘酸っぱい思い出は過去のもの。新型ホンダ「シビック TYPE R」試乗:工藤貴宏

■関連動画