【ジュネーブモーターショー2018】車重1,000kgに1,100馬力以上! アストンマーティンが「ヴァルキリー AMR Pro」を初公開
Related Gallery:Aston Martin Valkyrie AMR Pro: Geneva 2018

アストンマーティンが開発中の公道走行可能なハイパーカー、「ヴァルキリー」の完成形はまだ姿を見せないが、にも関わらず、既に同社はさらに過激なバージョンの製作に取り掛かっている。現在開催中のジュネーブ・モーターショーに出展されたそのクルマは「ヴァルキリー AMR Pro」と呼ばれ、公道仕様車に軽量化と馬力&ダウンフォースの増加を施したサーキット専用モデルだ。


ヴァルキリー AMR Proのパワートレインは、ロードカーのヴァルキリーが搭載する6.5リッター自然吸気V型12気筒エンジンをベースに、エミッション・コントロールの設定を変更し、回生エネルギー・システムのソフトウェアを書き換えることで、ロードカー・バージョンを上回る1,100ps以上の最高出力を発生するという。改良されたのはエンジンだけではない。サーキットでは不要になるヒーター/デミスター・ブロアやインフォテインメント・スクリーンを廃止し、ポリカーボネート製のウィンドスクリーンやサイド・ウィンドウ、カーボンファイバー製サスペンション・ウィッシュボーン、一体成型のレーシング・バケットシート、軽量エキゾースト・システムなどを採用することで、車両重量は1,000kgに抑えられたという。幸いなことに、ウィンドスクリーンにはヒーター・エレメントが組み込まれているので、雨天や気温が低くても視界が曇ることはない。


ヴァルキリー AMR Proはボディ形状もロードカーとは異なっており、ダウンフォースを高めるデザインに変更されている。フロントとリアのウィングを大型化するという一般的な手法だ。プロトタイプ・レースカーや昨季までのF1マシンに見られた長いシャークフィンも装備されている。ボディの幅もワイド化された。アクティブ・エアロダイナミック・コントロールはサーキット走行に特化されているという。アストンマーティンでは、これらの変更によってAMR Proは車両重量を上回るダウンフォースを発生するとしている。コーナリング・フォースは3Gを超える一方で、これほどのダウンフォースにも関わらず最高速度は360km/hに達するという。

アストンマーティンは価格を公表していないが、特に問題はないだろう。限定25台の生産台数は、とっくに全て売約済みだからだ。幸せなオーナーには2020年に納車が始まる予定だという。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Aston Martin Valkyrie AMR Pro: Geneva 2018

Related Gallery:2021 Aston Martin Valkyrie AMR Pro


■関連記事
アストンマーティンがレッドブルと共同開発するハイパーカー「ヴァルキリー」の新たな画像が公開!

■関連動画