【ジュネーブモーターショー2018】トヨタ、新型「オーリス」を発表! 2種類のハイブリッドと2トーン・カラーを用意
Related Gallery:2018 Toyota Auris Hybrid: Geneva 2018

トヨタジュネーブ・モーターショーで3世代目となる新型「オーリス」ハッチバックを発表した。

先代モデルでは複数の"標準的な"内燃エンジンと1つのハイブリッド・パワートレインが用意されていたオーリスだが、新型ではそれが逆転し、ガソリン・エンジンは従来から引き継ぐ1.2リッター直噴ターボのみとなり、代わりにハイブリッドは「プリウス」と共通の合計最高出力122psを発生する1.8リッター版と、新開発の2.0リッター直噴エンジンを組み合わせた180psを発揮するシステムが設定された。欧州で展開されていたディーゼル・エンジンの選択肢は姿を消したようだ。

新型オーリスのプラットフォームは、今後トヨタの全乗用車に使用される「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用している。高張力鋼を使用して剛性を高めたボディ・シェルに加え、新設計のマルチリンク式リア・サスペンションにより、乗り心地を犠牲にすることなくハイドリングが向上しているという。


先代より49mm長くなった全長は、ホイールベースの延長によるものだ。全高は25mm低くなったが、特にカウルトップ(フロントガラス前方後端)は先代と比べると47mmも低いという。グリルが拡大したフロント・バンパーによってフロントのオーバーハングは20mm縮まり、代わりにリアのオーバーハングが20mm伸びている。ルーフとCピラーをブラックで塗り分けた2トーン・カラーがオプションで選べる。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Toyota Auris Hybrid: Geneva 2018


■関連記事
トヨタ、発進用ギアを採用したCVTなどTNGAによる新開発パワートレイン各種を発表!

■関連動画