Related Gallery:2019 Mercedes-AMG C43 Sedan: Geneva 2018

メルセデス・ベンツが、発売から3年の時を経た「メルセデスAMG C 43 4MATIC」をアファルターバッハの"改良アカデミー"に送り込んだ。AMGジュニアに属するCセダンとステーションワゴンは、新形状のバンパーやパワーアップした3.0リッターV6ツインターボ・エンジン、兄貴分の「Eクラス」に倣ったオプションのオールデジタル式メーターパネルと運転支援システムなどを与えられ、見た目のリフレッシュだけでなく機能的にもアッブデートされた。旧来のAMGが好きな方であれば、リアに復活したオーバル形状の4本出しテールパイプに目が留まるだろう。どうやらAMGは、V6モデルとV8モデルでテールパイプを使い分けていくようだ。

Mercedes-AMG C43 4MATIC Limousine, Night Paket und AMG Carbon-Paket II, Exterieur: Motorraum, Außenfarbe: obsidianschwarz metallic;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 9,1 l/100 km; CO2-Emissionen kombiniert: 209 g/km* (vorläufige Daten)  Mercedes-AMG C43 4MATIC Sedan, Night package und AMG Carbon-package II, Exterior: Engine compartment, Exterior paint: obsidian black metallic;Fuel consumption combined: 9.1 l/100 km; CO2 emissions combined: 209 g/km* (provisional data)
AMGのクルマだからパフォーマンスから見ていこう。最大トルクは520Nmと変わらないものの、ターボチャージャーが従来より大型になったことで最高出力は23ps向上して390psとなった。0-100km/h加速はセダンが4.7秒、ワゴンが4.8秒。最高速度は250km/hで電子制御リミッターが作動する。燃費性能はセダンが9.3~9.1L/100km、ワゴンが9.6~9.4L/100km(いずれもNEDC値)。新デザインのホイールは風洞実験を通じて周囲のエアフローを向上させ「空力効率が最適化された」という。18インチが標準だが、19インチもオプションで用意される。AMG仕様の9速オートマチック・トランスミッションはソフトウェアが見直され、全モードでシフトチェンジが速くなり、一度に多段のシフトダウンが可能になり、リミッターが作動するまで回転を上げても選択したギアを維持することができるようになった。また、AMGダイナミックセレクトの5番目のモードとして、ウェット路面や氷雪路面向けの「Slippery」が新設された。


エクステリアの特徴的な変化はまずフロントに見られる。ツインルーバーの新しいAMGグリルが採用され、下方のインテーク回りはエッジが鋭くなった。このインテークは2枚の水平なプレートで仕切られ、フロントバンパーの両脇にはエアカーテンを備える。リアではクロームが標準の4本テールパイプの間に「かなり主張の強くなったディフューザー」が与えられた。オプションのAMGナイトパッケージ(上の写真)を選択すると、テールパイプはブラック仕上げとなり、標準より主張の強いフロントスプリッターとワイドなサイドスカートが追加される。

Mercedes-AMG C43 4MATIC Limousine, Night Paket und AMG Carbon-Paket II, Interieur: Leder Schwarz mit roten Kontrastziernähten, Lenkrad: AMG Lenkrad in Leder Nappa, Zierteil: AMG Zierelemente Carbon / Aluminium mit Längsschliff hell;Kraftstoffverbrauch kombiniert: 9,1 l/100 km; CO2-Emissionen kombiniert: 209 g/km* (vorläufige Daten)  Mercedes-AMG C43 4MATIC Sedan, Night package und AMG Carbon- package II, Interior: Leather black with red contrast ornamental seam, Steering wheel: AMG steering wheel in leather Nappa, Body trim: AMG body trim carbon / aluminium with lengthwise grinding bright;Fuel consumption combined: 9.1 l/100 km; CO2 emissions combined: 209 g/km* (provisional data)
インテリアは、オプションのオール・デジタル式メーター・パネルに12.3インチのスクリーンを採用。「Classic」、「Sport」、「Supersport」という3種類のモードから選択でき、トランスミッションの油温、出力、トルク、ブースト圧などがリアルタイムで確認できる。ナッパレザーが巻かれた新型AMGステアリング・ホイールには、「Sクラス」に採用されている上下左右のスワイプに対応したタッチボタンが装備され、ボタン操作で運転モードを切り替えることが可能だ。

また、今回からC43で初めて温度調節機能を内蔵したAMGパフォーマンス・シートがオプションで選択できるようになった。トリムの選択肢も拡がり、オープンポアのグレー・オークやウォルナット、オープンポア・アッシュとアルミニウムの組み合わせが新たに設定された。レザーのオプションもサドル・ブラウン/ブラックが追加されている。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Mercedes-AMG C43 Sedan: Geneva 2018

Related Gallery:2019 Mercedes-Benz C43 AMG: Geneva


■関連記事
メルセデス・ベンツ「Cクラス」がマイナーチェンジ! 半自動運転を可能にする先進運転支援システムを搭載

■関連動画