Related Gallery:Toyota GR Supra Racing Concept

3月6日に開幕したジュネーブ・モーターショーで、トヨタが「GR スープラ レーシング コンセプト」を公開した。トヨタによれば、このクルマは2002年に生産終了した同社のフラッグシップ・スポーツカー「スープラ」を「16年ぶりに蘇らせたコンセプトモデル」であるという。


トヨタの公式発表では、TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」のスタディモデルとして「よりエモーショナルでお客様をワクワクさせるスポーツカーを表現するため、往年の『スープラ』をイメージしながら製作しました」といっているが、そのベース車となったモデルが、近々登場する新型市販スポーツカーであることは公然の秘密。今回の発表によって、その車名が噂通りスープラとなることが確定的となった。ただし、念のために記しておくと、トヨタから市販車としてスープラが復活するという公式発表は、今のところまだない。


気になる車体サイズは、全長4,575mm × 全幅2,048mm × 全高1,230mm、ホイールベース2,470mm。この車両はレース仕様ということでフェンダーが拡げられているため、市販モデルの全幅はもう少し狭くなる。張り出したフロントのスポイラーや大型リア・ウイングとディフューザーも市販化の際には外されるはずだから、全長や全高の数字もやや変わると思われる。全長は先代のA80型スープラと同じくらいになりそうだが、ホイールベースは80mm短い。歴代スープラと同じフロントに搭載されるエンジンや、サスペンション等に関する情報も現時点では明らかにされていない。


ロングノーズ/ショートデッキのプロポーションは、伝統的なフロント・エンジン・スポーツカーのそれであり、先に生まれた弟分の「86」との類似性も随所に感じられる。L字型ライティング・ストリップを備える6眼のヘッドライトは、カモフラージュ姿を目撃されたテスト車両にも見られたので、そのまま市販モデルに採用されそうだ。リアのテールランプと、ダックテール・スタイルのトランクリッド一体型スポイラーもテスト車に同じものが確認されている。3分割されたグリルを備えるフロント・バンパーも、基本形状はこれに近いデザインになると思われる。

インテリアはレース仕様としてストリップダウンされているので、ロードカーの車内を想像することは難しい。あえて探せば、ドア内側のリリースハンドルが市販モデルからの流用に見える


新型スープラは、トヨタとBMWの提携によって両社が共同開発したと言われている。トヨタはクーペだが、BWWでは新型「Z4」としてコンバーチブルになる。

その市販モデルに先駆け、ジュネーブ・モーターショーで発表されたこのレース仕様車は、トヨタの欧州におけるモータースポーツの拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発を担当したという。興味深いことに「FIA LM-GTE規定に対応」と記載されているので、近い将来にはこのクルマが、フェラーリやアストンマーティンやフォードやポルシェなどのスポーツカーと、ル・マン24時間レースをはじめとする世界中のサーキットで競い合う場面が見られるかもしれない。なお、GR スープラ レーシング コンセプトは、ゲーム・ソフト『グランツーリスモSPORT』に2018年4月のアップデートで追加される予定なので、プレイステーション4をお持ちの方は間もなくゲームの中でドライブすることができるようになる。

いずれにせよ、ここまで見せてしまったからには市販モデルの発表も近いと思われる。今年6月のル・マンで、市販モデルの公開とLM-GTEクラス参戦を同時に発表する、なんてこともあるかもしれない。それには是非とも、トヨタ念願のル・マン初制覇を成し遂げ、新型スポーツカーのデビューに華を添えてもらわなければ。



Related Gallery:Toyota GR Supra Racing Concept


■関連記事
【ビデオ】A80型トヨタ「スープラ」ツインターボを、当時のレビュー映像で振り返る

V12ツインターボ・エンジンを積むトップシークレットのトヨタ「スープラ」、東京オートサロン併催オークションに登場!

【ビデオ&フォト】BMW、次期型「Z4」を予告するコンセプト・モデルを発表!

■関連動画