Related Gallery:Mahindra Roxor

最近のジープ「ラングラー」が大きくて重く、ソフトになり過ぎていると感じている人にとって、インドの自動車メーカー、マヒンドラのクルマは完璧に思えるかもしれない。「ロクサー」と呼ばれるこのクルマは、基本的にディーゼル・エンジンを搭載した新車のCJジープだ。しかも米国製で、クライスラーが本社を置くミシガン州オーバーンヒルズで生産されている。誰かがジープのパクリだと言い出す前に断っておきたいのは、マヒンドラが正式にジープを生産する資格を持つ自動車メーカーの1つであるということだ。ちなみに同じような契約を結んでいた別の自動車メーカーに三菱がある。


話をロクサーに戻そう。車体はスチール製フレームの上に必要最小限のスチール製ボディを載せ、サスペンションは前後ともリーフスプリングをソリッド・アクスルに組み合わせている。ボンネットの下に搭載された2.5リッター直列4気筒ディーゼル・ターボ・エンジンの最高出力は僅か62hpに過ぎないが、最大トルクは195Nm(19.9kgm)と、車両重量3,035ポンド(約1,377kg)の車体を動かすには十分だ。5速マニュアル・トランスミッションがこの小さなディーゼル・エンジンから最大限のパワーを引き出してくれるだろうし、4輪駆動のトランスファーに備わる副変速機のロー・レンジを使えば、ほとんどどんな場所へも行けるだろう。


ただし、ロクサーには1つ難点がある。米国では公道走行不可なのだ。ロクサーは多くのサイド・バイ・サイドやUTV(Utility Task Vehicle)と呼ばれる多目的4輪車と同様、オフロード用レクリエーショナル・ビークルに分類される。そうしたことからマヒンドラはロクサーの最高速度を45mph(約72km/h)に制限した。それでも、このクルマで未舗装の山道や岩場、砂漠などを走り回るのはとても楽しいだろう。パワーテイクオフ(エンジンの動力を作業機等の駆動のために取り出す機構)やダンプ荷台についての質問にマヒンドラが「そうした装備も近々用意する」と答えているように、近い将来には広大な農地で使うのに便利な素晴らしいクルマとなるはずだ。それらの装備がなくても、ロクサーはおよそ3,490ポンド(約1,583kg)もの重量を牽引できるのだ。


ロクサーは1万5,499ドル(約165万円)という価格で購入できる。公道を走れないクルマとしては決して安いとは言えない。しかし他社のサイド・バイ・サイドも性能によっては1万ドルから2万ドルを超えるものもあるし、それだけでなく、2万8,190ドルからという価格の新型「ラングラー」と比べたらはるかに低価格だ。だから、もし貴方がクールで小型のオフロード車を欲しいと思っていて、そのクルマを買い物や通勤に使う必要がないのであれば、ロクサーは魅力的な選択となり得るだろう。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Mahindra Roxor


■関連動画