Related Gallery:Mazda RX-Vision Concept: Tokyo 2015

マツダがロータリー・エンジンを電気自動車のレンジエクステンダー(発電用エンジン)として復活させるという噂はどうやら本当で、しかも予想より早く登場するかもしれない。オランダの自動車メディア『AutoRAI』が、欧州マツダの販売・顧客サービス部門バイスプレジデントにインタビューを行ったところ、マツダが2019年に電気自動車(EV)を投入する予定で、発電機としてロータリー・エンジンが採用されると語ったという。


同バイスプレジデントはこの新型EVについて、「Mazda3(日本名:「アクセラ」)」と同じくらいのサイズになるだろうと語り、さらにはクロスオーバーとなる可能性も明かした。また、このクルマはマツダが開発中のモジュールタイプの小型車用プラットフォームがベースになるという。ロータリー・エンジンはあくまで発電用で、ローターも1つのみになる予定だ。しかもこのエンジンは横向きに設置されるという。マツダのロータリー・エンジンはすべて縦に設置されてきたので、これは特に珍しい。

我々はこれについて、米国と欧州両方のマツダの広報担当者にコメントを求めた。米国の広報担当者は、将来的にどのような種類のレンジエクステンダーが用意されるのかについてはコメントは出来ないとのことだった。具体的にこのようにお伝えするのは、以前、マツダはレンジエクステンダーEVを2019年に投入する計画があると認めているからだ。この記事掲載時点で、欧州からの返答はまだない。

とはいえ、レンジエクステンダーとしてロータリー・エンジンが復活する可能性は高いように思われる。スケジュールがマツダのEV計画と一致する上、他にもこの考えを裏付ける情報は以前からある。マツダは、長年このアイデアを実現しようと試みており、実際に「デミオ」に発電用ロータリー・エンジンを搭載した試作車を完成させたこともある。また、同社は昨年、この準備として米国で特許を出願したばかりだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
マツダ、レンジエクステンダーEV向けのロータリー・エンジンに関連する特許を米国で出願

マツダ、2019年に発売する電気自動車に発電用ロータリー・エンジンを搭載

【人とくるまのテクノロジー展2014】最新型ロータリーエンジンを搭載した「デミオ」を公開!

■関連動画