自動車というのは、なにも人を載せて運ぶためだけにあるのではありません。無人なのに危険なカースタントをこなし、カメレオンのようにその外観を変化させる、まるで幽霊のような(?)自動車も実在するのです。

Translogicのカメラに向かって話すときはついつい揉み手が止まらないホスト役 ジョナサン・バックレーが、そんな不思議な自動車をレポートしにカリフォルニア州バレンシアを訪れました。

テクニカラー傘下のVFX製作会社The Millが製作したブラックバードは、リアルサイズのミニ四駆シャーシ、という表現がしっくり来そうな映画撮影用の自走式撮影リグ。


近年のカーアクション映画では、従来ならありえない、もしあれば死人が出てもおかしくないようなカーアクションシーンが随所にみられるようになりました。

バックレーは、素晴らしい技術を武器に日々撮影に望むThe Millチームから、こうしたカーアクションを安全かつ短時間で撮影するためにどのようにブラックバードが使われているかを学びます。


動画の尺は約7分。日本語字幕(機械翻訳)が表示されます。音声をオンにすると字幕が外れますが、CCをクリックして日本語を選択すれば再び表示されます。

■元記事
https://www.autoblog.com/2016/10/13/the-mill-blackbird-shapeshifting-car-translogic-208/


■関連記事
【ビデオ】どんなクルマにもなれる! 変幻自在の撮影用車台「ブラックバード」