【発表会リポート】三菱自動車、SUVの走行性能とスタイリッシュなクーペの世界観を融合させた「エクリプス クロス」を発表!
Related Gallery:Mitsubishi Eclipse Cross

三菱自動車工業株式会社は3月1日、中期経営計画"DRIVE FOR GROWTH"を達成するためのグローバル戦略車として、これまでにないスタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合した、三菱自動車らしいクーペSUVとして「エクリプス クロス」を発表した。

「SUVの走行性能とスタイリッシュクーペの世界観の融合」をコンセプトに開発されたエクリプス クロスは、このコンセプトを実現するために、「行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン」「新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ」「四輪制御技術による安心して楽しめるドライビングフィール」が商品特徴の大きな三つの柱として考えられた。


エクステリアは、高いヒップポイントによる見晴らしの良さやダイナミックで存在感のあるクーペスタイルを実現。力強いパフォーマンスと、人とクルマを守る安心感を表現した「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを更に進化させ、薄くてシャープなLEDヘッドライトとLEDデイライトをフロントフェイス上部に配置、ターンランプとフォグランプは下部に配置することで、より精悍なイメージを表現し、シャープでダイナミックなクーペSUVとした。

ボディカラーには、ダイナミックなスタイリングを際立たせるレッドダイヤモンドと、ブラウンをベースに軽快でアクティブな印象を加えたブロンズメタリックを新開発。


インテリアは、水平基調のインストゥルメントパネルと立体的なシルバー加飾を採用。薄型のスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)、タッチパッドコントローラー、フルカラーのヘッドアップディスプレイを搭載することで、運転席の先進感を高めている。荷室の実用性を確保するため、6:4分割のリアシートに200mmのロングスライド&9段階リクライニング機構を採用。セグメントではトップクラスの後席足元スペースと、十分なヘッドクリアランスを確保している。

センターコンソールに配置したドライブモードセレクターで「AUTO」「SNOW」「GRAVEL」の3つの走行モード選択が可能、4輪駆動のモデルには「Super All Wheel Control」を全車に採用し、どんな路面の状況でも安心して運転できる性能を備えている。


新開発された直列4気筒DOHC1.5リッター直噴MIVECインタークーラー付きターボエンジン(最高出力150pps/5500rpm、最大トルク240Nm/2000-3500rpm)を搭載し、8速スポーツモードCVTとの組み合わせとなる。


ボディサイズは、全長4,405mm × 全幅1,805mm × 全高1,685mm。燃費消費率 JC08モード(国土交通省審査値)では前輪駆動モデルが15.0km/L、4輪駆動モデルは14.0km/L。メーカー希望小売価格(税込)は、253万2,600円〜309万5,280円となっている。


三菱自動車工業 取締役社長 CEOの益子修氏は「このエクリプス クロスですが、国内では2014年2月に『eKスペース』を発売して以来、実に4年ぶりの新型車になります。中期経営計画"DRIVE FOR GROWTH"で重要なことは、信頼回復に最優先で取り組むこと、事業をV字回復基調に乗せて持続的成長の土台をしっかりと作ること、そして導入する新型車をしっかりと成功させることだと、これまでも言ってまいりました。国内事業においては信頼回復と事業拡大に向け、ディーラーネットワーク強化や、ブランド再構築などの改革を促進することで計画達成を目指しています。その鍵となる商品刷新計画の第1弾がこの『エクリプス クロス』です。このクルマの立ち上げが、当社の国内事業で最も重要なプロジェクトであり、中期経営計画を達成するためにも強い信念を持って取り組んでいきたいと考えております。エクリプスクロスは、約80カ国で販売を計画している世界戦略車でもあります。昨年3月のジュネーブ・モーターショーで世界初披露し、三菱自動車らしいシャープでダイナミックなクーペSUVスタイルと、安心して楽しめる4輪制御技術が好評を博し、すでに欧州、オーストラリア、ASEAN、台湾、北米で販売を開始し、1月末時点で5万3,000台を受注しております。国内においても、12月下旬より予約注文の受付を開始し、2月末までに約5,000台の注文を頂き、国内では月に1,000台の販売目標としておりますので、発売前に5か月分の注文をいただくという、好調なスタートを切ることができたと考えております」と、このモデルの重要性と既に好調に販売がスタートしたことを語った。


車両概要は、エクリプス クロスの商品企画を担当した三菱自動車工業 商品戦略本部 チーフプロダクトスペシャリストの林祐一氏が説明。「まず、新しいSUVを計画するにあたりまして、三菱の過去から培ってきた強み、ここはキッチリ活用しようということを考えました。まず『パジェロ』に代表されますSUVとしての基本性能の高さ。それから『ランサーエボリューションX』のSuper All Wheel Controlに代表されます、優れた走行性能。これに加えて新たな挑戦といたしまして、スタイリッシュクーペのかっこよさ、世界観を融合させようと、そういったことを計画いたしました」と、開発に至ったプロセスを解説した。



発表会では三菱自動車のWebイベント「NIGHT SHOWROOM」でメインナビゲーターを務めた藤本えみりさんと三菱自動車工業株式会社 広報部 チーフエキスパートの増岡浩氏のトークショーも行われた。「NIGHT SHOWROOM」はインターネットを介し直接LIVEでコミュニケーションするという新しい試み。さらに、雪上での試乗映像がスクリーンに投影され、増岡浩氏は「運転しやすいのがまず1つ。われわれ三菱自動車の世界に誇れる技術というもので、『S-AWC(Super All Wheel Control)』という、エンジンと4つの車輪、ブレーキ、ステアリングを全て連動する4輪の統合制御技術です。100分の1秒単位で全てを制御してくれるので、ある意味で失敗をクルマが先読みしてカバーしてくれる。非常にコントロールしやすくて、どんな路面でも安全に、快適に走れるクルマに仕上がっています」とコメントした。増岡氏はテストで乗って一目惚れし、ご自身でもエクリプス クロスを予約をし、今月中には納車されることになっていると語った。


■関連リンク
三菱自動車:エクリプス クロス スペシャル・サイト
https://www.eclipse-cross.jp

Related Gallery:Mitsubishi Eclipse Cross

Related Gallery:2018 Mitsubishi Eclipse Cross: Geneva 2017

Related Gallery:Mitsubishi Eclipse Cross


■関連記事
三菱自動車、ジュネーブモーターショーに、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を世界初公開

■関連動画