BMWが流麗な4ドア・クーペをチラ見せ! 新型「8シリーズ グランクーペ」か!?
BMWジュネーブ・モーターショーで発表する新型モデルのティーザー画像をTwitterで公開した。もしこの最新画像を基に判断するなら、これは相当カッコいいクルマになりそうだ。画像には、長くて曲線が美しいクーペのようなクルマの側面が映し出されている。ロング・フード、ショート・トランク、低く傾斜したウィンドシールドといった、伝統的なスポーツカーやGTの特徴を備えているが、よく見るとフロントだけでなく後部座席用ドアの切り欠きがあるため、 一見クーペのようだが、実はセダンであることが分かる。

最近の噂に基づけば、これは新型「8シリーズ グランクーペ」ではないかと思われる。2ドアの「8シリーズ」もまだ量産モデルは発表されていないが、間もなく公開されるはずだ。加えてその8シリーズをベースとした流麗なセダンも登場するとなれば、メルセデス・ベンツアウディがラインアップしているクーペ風セダンの良きライバルとなるだろう。これに最高出力600psを発生するBMWの4.4リッターV8ツインターボ・エンジンが搭載されるとなれば尚更だ。3月6日にジュネーブ・モーターショーが開幕したら、その全貌が公開されるとともに、ボンネットの下についても明らかになるだろう。

背が低いだけの4ドア・セダンやハッチバックに"クーペ"の名前を付けることには批判的な我々だが、今回は少し大目に見ることにしたい。ほんの一部見ただけでも、このクルマがゴージャスなのが見て取れる。それこそが、クーペの特徴ではないだろうか? 伝統的なセダンよりも美しく、流麗なフォルムであれば、クーペと呼んでもいいだろう。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ&フォト】BMW、新型ラグジュアリー・クーペを予告する「コンセプト 8シリーズ」を公開!

【ビデオ】BMW、新型「8シリーズ クーペ」が唸りを上げてトラックを駆ける映像を公開!

BMW初の4ドアクーペ、6シリーズ「グラン・クーペ」が公開!

■関連動画