まるで携帯電話!? マナーモードやチャージモードが付いた日産「セレナ」のe-POWERの新機能とは!?
Related Gallery:Nissan Serena e-POWER 02

日産ノート」に搭載され、大人気のe-POWERだが、「セレナ」に搭載されたe-POWERには、マナーモードとチャージモードが新採用された。

マナーモードやチャージモード等携帯電話などではなじみのワードだが、クルマではあまり聞かない機能だ。画像がそのモードへ切り替えるためのスイッチ。


マナーモードやチャージモードは、ナビ画面の下部の一等地に設定されており、今回の目玉機能であることが分かる。

マナーモードは、深夜周辺の住宅街を走行する際、バッテリーのみの電力供給で走行することでエンジン音を出すことなく近所の方へ配慮することが出来る機能だ。

通常モードで走行している場合は、バッテリー残量が少ない時に車速が高い場合は、エンジンがかかるが、マナーモードの場合は、バッテリー残量に関わらず、バッテリー走行できるとのことだ。

チャージモードは、逆にエンジンを積極的に回してバッテリーがほぼ満タンになるまで充電できる機能だ。

これは、自宅周辺の住宅街で静かに走るために、あらかじめ交通量が多く音が気にならないような幹線道路で充電をしておくというような使い方ができるということだ。閑静な住宅街に深夜に帰宅するような人には便利そうだ。なお、この機能は、今後ノートe-POWERなどにも展開可能とのこと。

マンション暮らしの人や幹線道路沿いに住んでいる人には無用な機能のような気もする。しかし、地下駐車場などの換気が悪い場所は排気ガスが気になるのでエンジンをかけたくない時に、車内でテレビを見て長時間待機するような使い方でも活用できそうなので、オーナーの使い方次第でこの新機能は便利に使えそうだ。


■関連サイト
日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/

Related Gallery:Nissan Serena e-POWER 02


■関連記事
まるで魔法のじゅうたんに乗っているかのよう!? 日産「セレナ」にe-POWER搭載モデルが登場!!