フェラーリ、V8ミドシップの新型スペシャル・モデル「488 ピスタ」を発表!
Related Gallery:Ferrari 488 Pista

フェラーリから、今年のジュネーブ・モーターショーでデビューする「488ピスタ」の画像と概要がついに公開された。イタリア語で"レース・トラック"を意味する名前が与えられたこの新型モデルは、「360チャレンジ・ストラダーレ(stradale=公道)」や「430スクーデリア(scuderia=チーム)」、「458スペチアーレ(special=特別な)」に続くV8ミドシップ・スポーツカーのスペシャル・バージョンで、FIA世界耐久選手権のGTEクラスで過去6年に5度のマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得した経験や、25年に及ぶワンメイク・レース・シリーズ「フェラーリ・チャレンジ」による知見が開発に活かされているという。


ベースとなった「488GTB」から車両重量は90kgも軽量化され、乾燥重量は1,280kg。3.9リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンの最高出力は50馬力引き上げられて720馬力に、7速ギアで発生する最大トルクは760Nmから770Nmに向上した。最高速度は330km/hから340km/hに伸び、0-100km/h加速は3.0秒から2.85秒に短縮された。F1から着想を得たDダクトや最適化されたフロント・ディフューザー、より高く大型になったリアのブロウン・スポイラーなどの採用により、ダウンフォースは488GTBの20%増になっているという。

その開発ミッションは、最高のサーキット・パフォーマンスを、プロフェッショナルなドライバーでなくても、そして公道でも発揮できること。これを実現するため、最新バージョンの電子制御システムが採用されている。F1-Trac(トラクション・コントロール)、E-Diff3(電子制御式ディファレンシャル)、SCM(磁性流体サスペンション)に加え、サイドスリップ・アングル・コントロール・システム(SSC)は488GTBのSSC2から、第6世代のSSC6に進化。さらにキャリパーのブレーキ圧を調節する自社開発のソフトウェアを使った「フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー」が初めて採用された。


インテリアはレーシーなバケット・シートとダッシュボードにアルカンターラが張られ、4点式シートベルトやカーボンファイバーを使ったステアリング・ホイールなどが装備されているが、基本的には488GTBと大きく変わりはない。

実車は3月8日から18日まで開催されるジュネーブ・モーターショーで一般公開される。生産台数や価格についてのは発表はまだない。


By JONATHON RAMSEY
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:Ferrari 488 Pista


■関連記事
フェラーリ、ワンメイク・レース用最新モデル「488チャレンジ」を発表

フェラーリ、「488 GTE」と「488 GT3」をムジェロ・サーキットで発表!

【ジュネーブ2015】フェラーリ、V8ターボをミドシップに搭載した「488 GTB」を発表!(ビデオ付)

■関連動画