ポルシェの市販車で史上最強の自然吸気エンジンを搭載した新型「911 GT3 RS」が登場!
Related Gallery:2019 Porsche 911 GT3 RS

ポルシェから新型「911 GT3 RS」が発表された。その大きな特徴の1つはエンジンだ。車体後部に積まれた自然吸気4.0リッター水平対向6気筒は、最高出力520psと最大トルク47.8kgmを発揮する。2015年に登場した先代「GT3 RS」や現行の「911 GT3」より20ps向上しており、公道仕様の911に搭載された自然吸気エンジンとしては史上最強のパワープラントとなる。

2つ目に注目すべきは、そのパワーによって向上した性能だ。0-100km/h加速は3.2秒と、先代より0.1秒、現行911 GT3よりも0.2秒速い。特別にチューンされた7速PDKが組み合わされ、最高速度は先代を2km/h上回る312km/hに達する。形状が改良されたフロント・バンパーやリア・ディフューザーなどによりダウンフォースも向上。ポルシェによれば、200km/hで走行時に発生するダウンフォースはGT3の2倍にもなるという。


リア・アクスル・ステアリングは最大限のダイナミクスと精度が得られるようにリファインされ、サスペンションのボールジョイントに使用されている全てのベアリングは従来より精度が高まったという。フロントおよびリア・アクスルに装備された新しいヘルパースプリングは足回りをさらに安定させ、カーボンファイバー製バケットシートがドライバーの身体をしっかりと支える。「911 GT2 RS」から受け継いだフロントのNACAダクトは、ブレーキの過熱を抑える。マグネシウム製のルーフ、ポリウレタン製のフロントおよびリア・フェイシア、カーボンファイバー製のトランクリッドおよびフェンダー、チタン製マフラーおよびエキゾースト・チップ、軽量ガラス、収納ネットとストラップが付いた軽量ドア・パネル、そして遮音材の縮小など、ポルシェのモータースポーツ部門は車両全体的を通して軽量化の期待に応えた。


新開発のタイヤを装着した20インチ軽量ホイールが標準装備だが、追加料金1万3,000ドル(約140万円)でバネ下重量を25ポンド(約11.3kg)減量できる鍛造マグネシウム製ホイールも装着可能だ。もっと重量を削減したければ、1万8,000ドル(約190万円)の「ヴァイザッハ・パッケージ」をオプションで追加すれば、カーボンンファイバー製のルーフ、フロントおよびリアのスウェイバー、カップリングロッド、ステアリングホイール・トリム、シフトパドルにより、さらに13ポンド(約6kg)軽量化できる。ヴァイザッハ・パッケージとマグネシウム製ホイールを装備した場合、車両重量を3,153ポンド(約1,430kg)まで落とすことができる。


他の現行ポルシェ GTモデルと同様、本気でサーキットを走るオーナーのために、新型911 GT3 RSにも無償オプションとして、ロールオーバーバー、手動式の消火器、バッテリー切断スイッチ用アダプター、6点式シートベルトが含まれる「クラブスポーツ・パッケージ」が用意される。

新型911 GT3 RSは3月8日~18日に開催されるジュネーブ・モーターショーで一般公開され、今年後半に発売される予定。ちなみに米国での車両価格は輸送費別で18万7,500ドル(約2,012万円)と発表されている(日本における発売時期や価格は未発表)。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Porsche 911 GT3 RS


■関連記事
最高のポルシェ「911 GT3」が生き存えている理由とは? GT部門責任者に訊く