【大阪オートメッセ2018】早くもフォルクスワーゲン「アルテオン」のカスタマイズパーツが登場!!
Related Gallery:OAM2018 VW Arteon

オートメッセ2018の『af imp.』のブースには、2017年10月末に日本で発売されたばかりのフォルクスワーゲンアルテオン」のカスタマイズカーが早速出展されていたのでご紹介しよう。

フロントセクションでは、ブーメランが開発したばかりのブラックに塗装されたリップスポイラーが装着され、純正パーツと相まってよりスポーティなフェイスに仕上げられている。


サイドセクションには、フロント同様ブラックに塗装されたサイドステップも装着され、ボディ全体の印象を引き締めていた。

今回の出展は、VW・アウディのカスタマイズを手掛けるVoomeran(ヴ―メラン)と3SDM、KW、そしてニューイングによるコラボレーション車両となっており、サスペンションはKWバージョン3、ホイールは3SDMの0.04の20インチモデルが装着されている。



インテリアは、ニューイングがカスタマイズしたシートと、ブーメランのフロアマットが装着されており、スポーティさと質感が高められている。

このシートは、純正のシートを活かしながらセンター部を張替えることで、純正ならではのシートのフィット感と高いデザイン性を両立したものになっていた。

エアロとしては、フロントとリップのみだが、反響次第でリア周りのパーツも検討していくとのことなので、興味がある人は要チェックだ。


■関連リンク
ブーメラン 公式サイト
http://www.voomeran.jp/

■関連記事
【ビデオ】フォルクスワーゲン、新型フラッグシップ・モデル「アルテオン」で高級車市場を(再び)目指す!

■関連動画