【短評】新型レクサス「LS500 F Sport」に米国版Autoblog編集部員たちが試乗「秀逸だが、完璧ではない」
Related Gallery:2018 Lexus LS 500 F Sport

レクサスの最上位モデルとして同ブランドを誕生から支える「LS」がフルモデルチェンジした。アグレッシブな名高い(悪名高い?)スピンドルグリルや、滑らかな曲線を描くインテリア・デザインを採用し、全ラインアップにV型6気筒エンジンが搭載された。ガソリン・エンジン車は3.5リッターV6ツインターボを積む。その上、あの素晴らしい「LC500」と同じGA-Lプラットフォームが採用されている。

それらを念頭に置くと、「LS500」はファーストクラス並みの高級クルーザーとなる可能性を秘めているだけでなく、LC500のスポーツ性さえ備えているかもしれないと期待が高まる。それを確かめるべく、我々はLS500 "F SPORT"の4WD仕様に試乗した。このモデルには迫力の増したグリル、スポーティなシート、そして可動式メーターリングを採用したTFT液晶メーターなどが追加されている。この可動式メーターリングは、それが初めて採用されたスーパーカー「LFA」を思い出させる。試乗車に唯一欠けていたのは、後輪駆動のガソリン車のみが装備する「LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリング・システム)」と呼ばれるハンドリングのアップグレードだ。



Joel Stocksdale共同編集者
私はレクサス LC500が大好きだ。それもかなり。スタイル、快適性、性能の組み合わせが絶妙で、私が昨年試乗した中で最も気に入ったクルマだ。LSはLCとプラットフォームを共有することを知っていたので、LSは基本的にLCの4ドア・バージョンではないかと期待して、運転できるのをとても楽しみにしていた。

見た目は確かにそれらしい。LCのような華やかな野獣ではないが、それでも人目を引くクルマだ。アグレッシブで威圧感があり、特にF SPORT専用の黒いスピンドルグリルが効いている。クルマに乗り込むと、ヒップを包み込むようなレザー・シートと派手なグラフィックのインストゥルメント・パネルが出迎えてくれる。車内を取り囲むレザー、スエード、そして金属が独特で興味深い意匠をなしており、他の多くのラグジュアリーカーとの違いや特別感を抱かせる。私は特にドア・ハンドルを兼ねたフローティング・アームレストが気に入った。

「レクサス LS500 "F SPORT"のインテリアは99.9%気に入った。レザーやスエード、メタルが至るところに使われていて独特で高品質だ。しかし、この個体はほんの一部でレザーが外れているところがあった。それが0.1%気に入らない点で、他のLSはそうでないことを願う」


しかし、ドライビング・エクスペリエンスで予想は崩れた。V6ツインターボはかなりパワフルだが、サウンドはLCに搭載されたV8のモンスターが唸る声ほど甘美ではない。スロットル・レスポンスもかなり鈍く、ギアボックスがLCのように素早く歯切れ良くシフトしない。これはSport+モードでも同じだった。ステアリングからも何も伝わって来ないので、感覚が乏しく、手応えは人工的に感じられた。乗り心地も安楽椅子のような柔らかさを追求したいのか、スポーツセダンのようなしっかりしたものにしたかったのか、どっちつかずの中途半端な印象だ。素早いコーナーリングでは時折自信のようなものを覗かせたので、その他のいろいろな部分が期待に応えられなかったのは残念だ。まあしかし、少なくとも見た目は素晴らしい。



John Beltz Snyder 編集主任(AutoblogGreen)
美しいクルマだ。特にインテリアのデザインは大胆で、他のどのブランドとも違う。万人受けするわけではない(あのグリルのように)が、その表現方法は秀逸でエレガントに仕上がっていると感じた。Joelの指摘していたフローティング・アームレストはひときわ目を引き、モダンな印象を与えている。ドア・トリムのパネルがまるで一枚ずつ皮をはがされたかのように層を成しているように見えるのは、まるでモーターショーに展示されたコンセプトカーのようだが、しかしレクサスは量産車でこれをやってのけた。私が特に気に入ったのは、ダッシュボードを左右に流れるラインで、これがドアトリムのステッチに反映されているように見えるのがいい。


操作系をデザインと一体化させている手法は興味深い。ほかの多くのクルマとは異なっており、特に触感的なタッチパッド式の「リモートタッチ」と呼ばれるインフォテインメント・インターフェイスは特別だ。見た目はユニークだがこれに慣れるとその真価が実感できる。インストゥルメント・クラスターの横に取り付けられたドライブ・モードの切り替えスイッチが、ツイスト(ひねる)/プッシュ(押す)コントールになっているのが私は気に入った。空調コントロールの下にある小さなメタルドット状のボタン(オーディオの切り替えや選曲)も使いやすく、見た目もよい上に邪魔にならない。自分ではこんなデザインは百万年かかっても思いつかないが、思いついてくれた人がいて良かったと思う。

ドライビング・エクスペリエンスについてはJoelの評価に賛同するが、搭載するエンジンのせいで運転していてワクワクしないクルマであるという点については、率直に言って全く気にならなかった。このエンジンは、快適なクルージングで目的地に素早く到達する心地よい空間を生み出すという役目をきちんと果たしている。ドライブモードでEcoモードを選び、クルーズコントロールをオンにして、この空間を存分に味わうことができた。


By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Lexus LS 500 F Sport


■関連記事
【北米国際オートショー2017】レクサス、11年振りにフルモデルチェンジした新型「LS」を発表

■関連動画