Related Gallery:OAM2018 Nissan Silva S15

昔のクルマは雨水がたまりやすい場所に錆が発生し、錆落としやタッチアップなどのメンテナンスが発生したが、最近のクルマでは、防錆性能があがり、錆に対するメーカー保証期間も長くなって錆とは無縁となりつつある。

そのようなご時世だからか、カスタマイズの世界では、近年錆をあえて発生させたり、錆風に仕上げるモデルが増えつつある。

オートメッセ2018では、この錆をデザインに取り入れた日産シルビア」が注目を浴びていたのでいたのでご紹介しよう。


このS15型のシルビアは、日本モータースポーツ専門学校大阪校の学生が手がけたカスタマイズカーだ。

モータースポーツ専門学校というだけあって、スポーツカーとしてのカッコよさの要素がうまく採り入れれており、ハリボテとは違う、まとまり感のあるデザインに仕上げられている。


リア周りは、D1グランプリ車両を意識したドリフト仕様ということで、巨大なGTウイングが迫力満点だ。

塗装の仕上げとして、錆塗装が施されているが、節々から自然に錆びが広がっているように描かれており、朽ち果てつつある軍用車のような仕上がりとなっており、その出来栄えは素晴らしい。

インテリアは、時間の関係もあり内装を剥いだだけのシンプルなレース仕様となっているとのことだが、このテイストでインテリアも仕上げるとどのような感じになるのかも見たかった。機会があればインテリアも錆仕様にトライしてもらいたいところだ。

マットカラーのように、カスタマイズの世界が先行して、純正メーカーで採用されるテイストもある。
この錆塗装の流れは今後さらに広まっていくのか注目だ。


■関連サイト
日本モータースポーツ専門学校
http://jmc.ac.jp/

Related Gallery:OAM2018 Nissan Silva S15