Related Gallery:2018 Mazda CX-5

マツダは2月8日、クロスオーバーSUV「CX-5」に改良を施し、3月8日に発売すると発表した。画像でお分かりのように今回の変更はいわゆるフェイスリフトではなく、エンジンや装備面に手が入れられている。


ガソリン・エンジン「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」は、耐ノック性を向上させるため、ピストンのエッジカット形状の変更や排気ポート形状の見直しを実施。ピストンスカート部の形状を最適化した「低抵抗ピストン」も採用して機械抵抗を低減させた。また、新ノズル付き拡散インジェクターの採用によって理想的な高拡散噴霧が可能になり、燃料がシリンダー壁面に付着する前に確実に気化することで、効率的で無駄の少ない燃焼を実現したという。さらに、正確な燃料噴射制御が行える新PCM(Powertrain Control Module)を採用し、排出ガス中の粒子状物質(PM)を低減させ環境性能も向上している。

そして米国仕様の「Mazda6アテンザ)」で既に発表されていたことだが、「SKYACTIV-G 2.5」にはマツダとして初めて「気筒休止」技術が採用された。高速道路やバイパスを一定速度で巡航している時などエンジン負荷が低い場合に、4気筒のうち2気筒を休止させることで必要以上の燃焼を抑え、軽負荷領域の実用燃費向上が期待できる。


ディーゼル・エンジン「SKYACTIV-D 2.2」は、少量の燃料を多段かつ高圧で微細噴霧化して噴射することで静粛性と燃焼効率、高い環境性能を両立する「急速多段燃焼」を採用。さらに「段付きエッグシェイプピストン」、「超高応答マルチホールピエゾインジェクター」、「可変ジオメトリーターボチャージャー」などの新技術を投入することで、最高出力が従来の175psから190psに、最大トルクも420Nm(42.8kgm)から450Nm(45.9kgm)に向上するとともに、JC08モード燃費は前輪駆動モデルが18.0km/Lから19.0km/Lに、4輪駆動モデルも17.2km/Lから18.0km/Lに改善している。


装備面では「360°ビュー・モニター」をメーカーセットオプションとして新たに設定。車両の前後左右に備わる4つのカメラ映像を、様々な走行状況に応じて切り替え、センターディスプレイに表示することで、死角や障害物との距離を目視で確認できる。前後席のドアにはパワーウインドーに「自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付」を採用すると共に、スイッチにはイルミネーションが追加されている(「25S L Package」「XD L Package」)。車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)は全グレードに標準装備された。「マツダコネクト」の純正ナビゲーションは、「CX-8」や「デミオ」で既に採用されている自車位置演算ユニットを全グレードに搭載。従来のGPS衛星のみでは難しかった高層ビルの多い場所や高速道路の高架下などでも、自車位置測位と表示がより正確化した。


また、メーカーセットオプションとして設定されているパワーリフトゲートの適用グレードを拡大したり、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」のスイッチ表示を変更すると共に、モード切替時のビープ音を追加するなど、ユーザーの声を反映した利便性を高める様々な改良も施されている。


今回の改良は、もちろん助手席シートが回転し昇降するリフトアップ機構を採用した「CX-5 助手席リフトアップシート車」にも施されるが、同時に2.0リッター・ガソリン・エンジン搭載モデルの助手席リフトアップシート車が追加された。価格を抑えたモデルを求める声に応えたものと思われる。

内燃機関の改良にひたすら真摯に取り組み、顧客の意見に耳を傾け装備面を改善するなど、マツダらしい進化を遂げたと言えるCX-5。見た目は無意味に弄らず、しかも嬉しいことに価格は据え置き。あえて苦言を呈するなら、ちょっと前に購入した人が気の毒でならない...。発売は1ヶ月後だが、販売店ではすでに改良型の予約を受け付けている。


■関連リンク
マツダ 公式サイト:CX-5
http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/


Related Gallery:2018 Mazda CX-5


■関連記事
・【試乗記】マツダ CX-5、引き算の美学で生み出されたデザイン、人車一体の感覚を盛り込んだハンドリング:木下隆之

・【試乗記】マツダCX-5、新型車でいきなり雪上試乗!:斎藤聡
・マツダ、同乗者の「走る歓び」も高まる新型「CX-5」を発表! 先行展示イベントも開催