レクサス、「F」モデル誕生10周年を記念して「RC F」と「GS F」の特別仕様車を限定発売
Related Gallery:Lexus RC F “F 10th Anniversary”

レクサスは10年前、「IS」に5.0リッターV8エンジンを搭載した「IS F」で大々的に「F」というパフォーマンス・ブランドを発表した。そして今回、レクサスはその誕生10周年を祝してV8エンジン搭載の現行Fモデル「RC F」と「GS F」に、"F 10th Anniversary"と名付けられた特別仕様車を発表。残念ながらパフォーマンスはアップグレードされておらず通常モデルと同じだが、特別仕様のビジュアルは目を見張るものがある。


Related Gallery:Lexus GS “F 10th Anniversary”

どちらのモデルも、ボディは「マット マーキュリーグレーマイカ」と呼ばれる新開発のカラーで仕上げられている。レクサスによると「LFA」以降初となるマット・フィニッシュの市販モデルだという。BBS製ホイールはグロスブラック、ブレーキ・キャリパーはFのブランド・カラーとマッチした明るいブルーだ。GS Fはカーボンファイバー製のリア・ディフューザーを装着。RC Fはディフューザーに加え、前後バンパーや両サイドにカーボンファイバー製パーツが付く。さらに両モデルともチタン・マフラーやパフォーマンス・ダンパーが装着されている。


内装はブルーが前面に押し出された見事な仕上がりとなっている。ホワイトのアクセントを組み合わせた明るいブルーのレザー・シート、同様にブルーのレザーが巻かれ、ホワイトのラインが入ったステアリング・ホイール、ブルー・レザーにホワイトのステッチを施したシフトノブ、そしてブルー、シルバー、ブラックのカーボンファイバーで装飾されたパワーウィンドウのスイッチ・パネル。もちろん、シリアル・ナンバーが刻まれたプレートも付く。


セダンのGS Fは落ち着きのある外装にもかかわらず、内装は大胆な仕上がりとなっている。後部座席もフロントとマッチするブルーのレザーがヘッドレストと両サイドに張られ、ダッシュボードはブルーのスエードで覆われている。センターコンソールにはブルーのカーボンファイバーによるトリムが施されている。

これら2台の特別なモデルは少数の限定生産となっており、5月に発売される日本ではRC Fが35台、GS Fが25台のみの販売。今夏に発売予定の米国には、RC Fが米国にあるレクサス・ディーラーと同数の240台、そしてGS Fが100台導入される。日本における消費税込み販売価格はRC Fが1,700万円(税込)、GS Fが1,550万円だ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
レクサス 公式サイト
RC F "F 10th Anniversary"
http://lexus.jp/models/rcf/features/f10th/
GS F "F 10th Anniversary"
http://lexus.jp/models/gsf/features/f10th/

■関連動画