ブガッティ「EB110」をベースにした「SP-110 エドニス・フェニーチェ」が15台限定で発売! 価格は約9,300万円
ブガッティが1990年代半ばに倒産した時、その従業員の一部がBエンジニアリングという会社を設立した。当時、ブガッティはスーパーカー「EB110」を製造しており、そのパフォーマンスとパワーは現在の路上を走る多くのクルマさえ恥じ入らせるほど強力だった。1991年から1995年までに製造されたEB110はわずか139台のみだったが、今、そのクルマが復活を遂げようとしている。米国ラスベガスに拠点を置くCasil Motorsが、EB110をベースに、寝ぼけ眼のデザインとアップデートされたパワートレインを持つスーパーカー「SP-110 Edonis Fenice(エドニス・フェニーチェ)」を、15台限定で製造すると発表したのだ。

同車の歴史は少々複雑だ。1980年代後半に、ロマーノ・アルティオーリ氏がブガッティの商標を買い取り、ブランドを復活させ、1991年にEB110を誕生させた。それは現代のブガッティ「シロン」のように、当時の競合モデルをリードするモンスターのようなクルマだった。ミドシップに搭載された3.5リッターV12クアッドターボ(4ターボ)エンジンは最高出力550hpを発生し、6速マニュアル・トランスミッションを介して4輪を駆動する。0-60mph(96.6km/h)加速はわずか3.2秒で、最高速度は216mph(348km/h)に達した。当時、これに対抗できたクルマは「マクラーレン F1」くらいだった。

だが、このEB110でも、ブガッティが1995年に破産を申請するのを防ぐために十分な役割は果たせなかった。その後、ブガッティの商標は1998年にフォルクスワーゲンが買収。アルティオーリ氏とブガッティの主要エンジニアたちはBエンジニアリングを設立し、EB110に使用される予定だった部品を購入して、2000年1月1日にEB110をベースにした「Edonis(エドニス)」を発表した。このクルマでは4輪駆動を廃止し、エンジンのパワーアップが謳われていたが、詳細は不明のまま、量産化には至らなかった。

ところが最近になって、米国のCasil Motorsが、Bエンジニアリングの頓挫した事業を引き継ぐと名乗りを上げ、写真のSP-110 エドニス・フェニーチェと呼ばれるクルマを発表した。

アルミニウム製ボディ・ワークの下には、EB110用に製造された新品のカーボンファイバー製モノコックを使用。エンジンはEB110のV12を3.8リッターに拡大し、クアッドターボの代わりに大径のツインターボを採用することで、最高出力720hpに向上しているという。Casil Motorsによると、0-60mph(96.6km/h)加速は3.4秒(後輪駆動のため、EB110よりやや遅くなったと思われる)、0-100mph(0-161km/h)加速は8.2秒、最高速度は220mph(354km/h)以上。トランスミッションはEB110と同じく6速マニュアルだ。

Casil Motorsでは、装備を簡略化したサーキット仕様から、キャビンを豪華に仕立てたラグジュアリー仕様まで、顧客の注文に応じて様々なオプションを用意しており、それに合わせて1台ずつ、イタリア・カンポガッリアーノにあるBエンジニアリングのファクトリーで製作されるという。エドニスの空力性能とハンドリングを高めた「リナシタ・エアロ・パッケージ」も選ぶことができる。

生産台数は15台のみになる予定で、価格は69万ユーロ(約9,300万円)から。注文するには2,500ドルの予約金を支払わなければならない。先日のオークションで走行距離4,540kmの1993年製EB110 GTが96万7,500ドル(約1億500万円)という金額で落札されたことを考えれば、決して高い値段ではないとも言える。ただしオリジナルのEB110より、こちらのデザインがお気に召せば、の話だが。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画