【ビデオ】BMW、新型「8シリーズ クーペ」が唸りを上げてトラックを駆ける映像を公開!
BMWの新型「8シリーズ」が間もなく登場する。昨年5月に公開された流麗な「コンセプト 8シリーズ」で、このドイツの自動車メーカーがフラッグシップ・グランドツアラーに対して見据える方向性を確認することができた。それからBMWは、数多くのティーザーを公開し、8シリーズの高性能版としてほぼ同時にデビューが予想される新型「M8」の情報も少しずつ明らかにしてきた。今週末には米国フロリダ州で行われるデイトナ24時間レースで、レース・カーの「M8 GTE」が実戦デビューを果たす。6月にはル・マン24時間レースに参戦することも決定している。

レースカーにも期待が掛かるが、公道で実際に乗れる市販モデルの方も気になる。それほど遠くないと思われる正式発表に先駆け、ロードカーのプロトタイプがイタリアのアプリリアにある性能試験場でテスト走行をする様子が収められた映像が公開されたので、今のところは取り敢えず、そちらをお楽しみいただきたい。



率直に言って、トラックを走るこのクルマのサウンドは、まるでサーキットを周回するレースカーのように迫力がある。映像を見ると、ドライバーが何度もリアを滑らせ、高速周回路のバンクでは端にクルマを寄せていることから、かなりのスピードで走らせていることが分かる。250km/hの制限速度の標識が、新型8シリーズ クーペも他のほとんどのドイツ製のパフォーマンス・カーと同様、(オプションの「パフォーマンス・パッケージ」を装着して速度制御リミッターを解除しなくても)250km/hに到達できることを示している。


Related Gallery:BMW 8 Series track testing

パワートレインについては今回の映像でも明らかにされていないが、トップ・グレードのM8には最新の「M5」と同じ、600psを発揮する4.4リッターV8ツインターボ・エンジンが搭載されると思われる。V型12気筒という期待は抱かない方がいいだろう。わずかなパワー増の割にノーズに掛かる重量が大きくなり過ぎるのだ。M8よりリラックスして乗れそうな「860i」が追加されることも期待したい。トランスミッションはトルコン式8速ATで、M5と同様に4輪駆動システムも採用される可能性が高い。

新型8シリーズは今年後半の発売が予想され、既に生産が終了した6シリーズ クーペ」の後継として、BMWのラインナップの頂点に君臨することになる。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ&フォト】BMW、新型ラグジュアリー・クーペを予告する「コンセプト 8シリーズ」を公開!