ベントレー、高級SUV「ベンテイガ」でパイクスピーク・ヒルクライムに初参戦すると発表!
Related Gallery:2016 Bentley Bentayga: First Drive

ベントレーが「ベンテイガ」でパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに初参戦すると発表した。この英国のラグジュアリー・ブランドは、6月24日に開催される"雲へ向かうレース"において、SUVの最速記録を狙う。

英国クルーの本社内にあるベントレーのモータースポーツ部門は、この全長19.99kmのコースへの挑戦に向け、同部門を率いるブライアン・ガッシュの指示のもと、車両の開発を進めている。ベースとなるのは先日発表されたV8エンジンではなく、最高出力608psと最大トルク900Nmを発生する6.0リッターW12気筒ツインターボ・エンジンを搭載したベンテイガだ。同車にはインテリジェントな4輪駆動システムと4つのモードに切り替え可能なエア・サスペンション、そして48ボルトのアクティブ・アンチロール・システムが搭載され、0-100km/hまで4.1秒で加速、最高速度は301km/hに達する。ドライバーは後日発表される予定だ。

ベントレーの主なモータースポーツ活動としては、これまで「コンチネンタル GT」に4.0リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンを搭載し、後輪駆動に変更したGT3バージョンに焦点が当てられてきた。昨年6月にはニュルブルクリンク24時間レース参戦を記念して「コンチネンタル 24」のようなスペシャル・エディションも造られている。それ故、ベントレー初のSUVで、セグメント最速かつ最もパワフルなモデルとして2015年にデビューしたベンテイガを、モータースポーツ部門のエンジニアたちがどのようにチューンするのか楽しみだ。

ブロードムーア・パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、米国コロラド州コロラド・スプリングス付近の名高い山を駆け上がる過酷なレースだ。コーナーは156ヶ所あり、フィニッシュラインは標高4,300m。今年で96回目の開催となる。


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2016 Bentley Bentayga: First Drive


■関連記事
【試乗記】ベントレー「ベンテイガ」、ベントレー史上もっともオーナーを選ぶクルマと言っても過言では無い:今井優杏

■関連動画