フェラーリがEVスーパーカーとSUVを計画中。 同社初のSUVは2019年にも登場か?
フェラーリが電気自動車(EV)の開発を検討しているらしい。それはテスラを含め他のメーカーが太刀打ちできないほど、比類のないものになるという。フィアット・クライスラー・オートモービルズCEOでフェラーリの会長でもあるセルジオ・マルキオンネ氏が金融情報サービス『Bloomberg』に語ったところによると、フェラーリは同社初SUV発売に加え、同社初のEVスーパーカー開発を計画しているとのこと。マルキオンネCEOが言う「市場で最速のSUV」は2019年か2020年に市場に投入されるようだ。

マルキオンネ氏はテスラとイーロン・マスク氏のこれまでの業績を讃える一方で、それを覆すような発言をしている。『Bloomberg』によると「それ(テスラがやってきたことは)は我々の誰にもできる」と述べたというのだ。この"我々"とは、既存の自動車メーカーを指しているとのこと。フェラーリでは既にハイブリッド車を発売する計画を固めており、そこからさらにEVを開発することは「簡単だ」とマルキオンネ氏は語っている。ただし、それはだいぶ先の話になりそうだ。

フェラーリのEVスーパーカーがどのようなものになるのか、そのスペックはもとよりコンセプトさえも現時点では不明だが、これまでEVを嘲笑していたスーパーカー・メーカーさえも、電動パワートレインを無視できなくなっていることは確かだ。


By Alex Kierstein
日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
フェラーリがSUVの製造を真剣に検討中 マルキオンネCEOが明らかに

■関連動画