【北米国際オートショー2018】日産、3列シートSUVのコンセプト「クロスモーション」を公開! インテリアでは日本の伝統的な景観を表現
Related Gallery:Nissan Xmotion Concept: Detroit 2018

現在開催中の北米国際オートショーには多くのSUVが出展されているが、日産からは2020年以降の同社のブランド・デザインの方向性を示すという、3列シートを備えたSUVのコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」が公開された。見るからに堅牢そうなボディは、大人4名+子供やペットに最適な3列目のシートを持つ4+2レイアウトで、逆U字型の張り出したフェンダーが、ドア下部からウエストラインまでの強く滑らかなアーチを引き立てている。

Making its world debut at the 2018 North American International Auto Show in Detroit, the six-passenger, three-row Nissan Xmotion (pronounced “cross motion”) concept fuses Japanese culture and traditional craftsmanship with American-style utility and new-generation Nissan Intelligent Mobility technology.
Related Gallery:Nissan XMotion Concept

これまで発表された日産のコンセプトカーと現行の市販車にも見られるブーメラン・ヘッドランプに加えて、Vモーショングリルがフロント・デザインの重要な役割を担っている。中央のグリルの両側にある大きな窪みにはエアインテークが設けられ、その姿は実にアグレッシブだ。3列目シートまで使用する際に荷物を入れておける「ルーフトップボックス」は、収納性と空力性能を両立したデザインになっているという。


ピラーレスのドアを開けて車内を見渡せば、フロアを川に見立て、そこに架かる橋を表現した木製のセンターコンソールなど、日本の伝統的な景観からインスピレーションを受けてデザインされたキャビンが広がる。ダッシュボードは日本の伝統工法「木組み」を現代的に解釈して設計された。

日本の伝統を表現する一方で、クロスモーションには興味深い最新技術も投入されている。その1つが指紋認証によって、インフォテインメントを操作するバーチャルアシスタントだ。この操作パネルは「鯉」を模しており、「川」や「橋」と共に日本の景観を表現する。2列目シートに座る同乗者のジェスチャー・コントロールに応答する「フローティング・コマンダー」は、「駒」の形をしている。


By Antti Kautonen
翻訳:日本映像翻訳アカデミー


■関連動画