ベントレー、「ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデルを追加 量産車最大サイズのカーボンセラミック・ブレーキも新たに設定
Related Gallery:2019 Bentley Bentayga V8

豪華で贅沢なSUV、ベントレー「ベンテイガ」に少しだけ控え目なV8エンジン搭載モデルが新たに加わった。この4.0リッターV型8気筒ツインターボは、従来の6.0リッターW12エンジンと比べると、シリンダーが4本、排気量は2.0リッター減ったが、それでも最高出力550psと最大トルク770Nmを発揮し、0-100km/hまで4.5秒で加速、最高速度は290km/hに達する。ちなみにW12エンジン搭載モデルは最高出力608ps、最大トルク900Nm、0-100km/h加速4.1秒、最高速度は301km/hとなっている。当然ながら、速さに関してはやや劣るものの、欧州ドライブサイクルにおける燃費(混合)はW12の7.8km/Lに対し8.8km/L、CO2排出量も296gから260gへと改善されている。

少し不思議なのは、このV8モデルはW12ほど速いわけでもないのに、ベントレーが"スポーティ"なモデルとしてアピールしていることだ。スポーティな個性を打ち出すため、ベントレーはベンテイガ V8の内外装をさらにアグレッシブなデザインで仕上げた。エクステリアではブラック・グリルやユニークなツインクアッド・エキゾースト・テールパイプ、そしてインテリアには新オプションとしてハイグロス・カーボンファイバー・トリムが採用されている。


ルックスに加え、ベンテイガ V8には量産車で世界最大サイズのカーボンセラミック・ブレーキがオプションで用意された。ブレーキディスクの径は前440mm、後370mm。そしてフロントに10ピストンのキャリパーを備える。車両重量も2,395kgと、W12モデルより50kgも軽量化された。

価格はまだ発表されていないが、少なくともW12モデルの2,739万円(日本における消費税込みメーカー希望小売価格)よりは安くなるはずだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【試乗記】ベントレー・ベンテイガ、ベントレー史上もっともオーナーを選ぶクルマと言っても過言では無い:今井優杏

■関連動画