トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮のパレードに、愛車の1967年型アルファ ロメオ 1300GTジュニアで参加した!(前編)
Related Gallery:2017 Toyota Museum Classic Car Festival in Jingu

昨年11月25日(土)、明治神宮外苑聖徳記念絵画館(以下、神宮絵画館)をメイン会場とし、一般参加のクラシックカー102台が銀座中央通りをパレードランするほか、会場での車両展示やトヨタ博物館収蔵車による記念上車撮影(今回はT型フォードとナッシュ・メトロポリタン)、会場内コースでのデモ走行「クラシックカー・サーキット」などの多彩なプログラムによる『2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑』が開催された。

筆者は愛車の1967年型アルファ ロメオ 1300GTジュニア(ジュリア・クーペ)でエントリーしたのでイベントの様子をリポートする。


神宮絵画館前の銀杏並木の下を歴史的な名車が駆け抜ける『トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮』は、東京ではすっかり晩秋の恒例行事として定着した感がある。

トヨタ博物館が主催するこのイベントは、数ある旧車ミーティングの中でも人気の高いイベントのひとつなのだが、会場のキャパシティの問題からエントリー台数に限りがあり、メーカー・車種・年式・出場回数などを主催者が考慮した上で受付は抽選となっている。競争倍率は公表されていないが、旧車ファンの間では参加が難しいイベントのひとつとして知られている。

今回、筆者は幸運にも愛車のジュリアで参加することができた。今年の秋は雨の日が多く天気が心配だったのだが、イベント当日は快晴で日射しも暖かく、絶好の行楽日和だった。大げさかもしれないが自分のツキをすべて使ってしまったのではないかと思ったほどだった。

午前8時半頃、絵画館前に到着すると、イベントスタッフに誘導されて指定の展示スペースに愛車を停める。


ジュリアが展示されたのは絵画館の正面に向かって左側で、絵画館前と「クラシックカー・サーキット」会場を結ぶ通路となる場所だった。ジュリアの右隣は空きスペースで、左隣が会場で仲良くなった松永栄さんの67年型日産シルビア、正面が会場までの道中、京葉道路をランデブーした布施博邦さんの61年型トヨペット・クラウンだ。どちらのクルマも新車のようにピカピカ。ところどころ錆が浮き始めた筆者のジュリア・クーペとは雲泥のコンディションである(錆が酷くなる前に板金修理しないと...)。

落ちついたところで絵画館内にある受付でエントリーを行う。参加費用の3000円を支払い、ゼッケンとプログラム、昼食のお弁当引換券を受取る。

受付の奥にオーナー控え室があり、昼食はここでとるとのこと。無料のコーヒーやお茶なども用意され、数ある旧車イベントの中でもなかなかホスピタリティが高い。さすがはトヨタ主催だけはある。


午前9時、ドライバーズミーティングでパレード走行のコース説明と注意を受け、絵画館をバックにエントリーした全員で記念撮影。その後はオープニングセレモニーが開催され、トヨタ博物館館長の布垣直昭氏、来賓代表の自動車史研究家の高島鎮雄氏の挨拶のあと、10時からいよいよパレードのスタートだ。

パレードの参加車両は年式が古い順にレッドカーペットをスタートして行く。その際にMCを務める中島秀之氏の車両解説が入る。最初に花道を駆け抜けて行くのはゼッケンナンバー1番の25年型ロールス・ロイス ファントムI トルペードツアラーだ。

筆者のジュリアのゼッケンナンバーは41番。つまり、今回の参加車両の中で41番目に古いクルマということになる。


中島氏の名調子に送られて次々にクラシックカーがスタートして行く。最初のクルマが絵画館をあとにして20分ほどが経過した頃だろうか。ゼッケン番号がひとつ若い66年型ホンダS800に続き、筆者のジュリアもスタートを切る。花道の両脇には大勢の来場者の姿があり、皆カメラや携帯を構えている。筆者は街乗りにもジュリアを使っているが、たまに珍しそうに眺める人がいても、普段はここまで注目を受けたことはない。少しこそばゆい感覚を味わいつつも、手を振って声援を送る人に応えるべく、こちらも手を振って返す。

「2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮」のメインイベントのパレードは今始まったばかりだ。


By Ryu Yamazaki
Related Gallery:2017 Toyota Museum Classic Car Festival in Jingu