正式発表も近い? 派手なラッピングで覆われたフォードの次期型「フォーカス」を目撃!
Related Gallery:2019 Ford Focus

新型フォード「フォーカス」の登場が間近に迫っているようだ。街中で目撃されたテスト車両はご覧の通り、必要最小限のカモフラージュしか施されていない。しかも、いわゆる"スパイ・ショット"でよく見るような白黒や渦巻きの効果的な柄ではなく、カラフルな模様でおまけにハッシュタグまで描かれている。そう、フォードは開発テスト中の車両をなんとか写真に収めて曝こうとするスパイ・ショットを逆手に取り、新型車のティーザーとして利用することにしたらしい。



それはともかく、最小限のラッピングで覆われているだけなので、新型フォーカスのボディ・スタイルはよく分かる。現行型フォーカスと比べると、ボディはキャラクターラインや表面の加工が少なく、よりクリーンな仕上がりだ。ホイールアーチを強調するカーブが伸びて力強い印象を与えるが、マツダ「アクセラ」のようにわざとらしい感じではない。


グリルは現行型と大きく異なり、新型「フィエスタ」の形状に近い。最もワイドな部分が現行型よりも上に位置している。三角形のフォグランプとグリルの間が大きく空いているのも興味深い。

フォードは新型フォーカスの発表日を明らかにしていないが、それほど長く待たされることはないだろう。前述のとおり、このクルマはわずかなラッピングしか施されておらず、注目を広めようとハッシュタグまで描かれているところを見ても、発表の準備が整っていることは間違いない。12月1日開幕のLAオートショーにはあと数週間しかないので、来年1月の北米国際オートショーでデビューとなる可能性が高そうだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2019 Ford Focus


■関連記事
・欧州フォード、新型「フィエスタ」を発表 クロスオーバー風トリムも新登場
・【ビデオ】フォード、「フォーカス RS」向けに世界初の電子制御式ハンドブレーキ「ドリフト・スティック」を発売!
・【試乗記】Ford フォーカス、走り好きな人達の気持ちを刺激しながら、ワインディングに寄り添ってきた:木下隆之

■関連画像