Related Gallery:Renault Tokyo Motor Show 2017

第45回東京モーターショー2017ルノー・ブースは、1977年のF1参戦から40周年を記念してスポーツモデルのみの展示となった。

今回の目玉は9月のフランクルフルトショーでワールドプレミアを果たしたばかりの新型メガーヌ R.S.だ。同車はルノーのスポーツモデル開発を一手に引き受ける「ルノー・スポール」が技術の粋を結集したFFホットハッチである。

【東京モーターショー2017】ルノー、4輪操舵を採用した新型「メガーヌ R.S.」を発表 価格は「現行モデルより少し高くなる」

搭載されるエンジンは新開発の1.8L直列4気筒DOHCターボで、最高出力は280ps/6,000rpm、最大トルクは39.8kg-m/2,400rpmを発揮する。組み合わされるトランスミッションはパドルシフト付き7速DCTのほか、6速MTが用意される。



さらに、同車はルノー・スポール自慢の4輪操舵システム「4CONTROL(4コントロール)」を搭載する。これはスポーティでダイナミック、そして正確なコーナリングフィールを目的に開発されたシステムで、電子制御のアクチュエーターによりタイロッドを動かすことでリアタイヤを操舵。リアタイヤの切れ角は最大2.7度で、1秒間に100回の演算処理を経て自動で決定される。



また、エンジンの生み出した高出力を受け止め、路面に駆動力を確実に伝えるためにシャシーと足回りは強化されており、ベースとなった新型メガーヌより車幅を拡大して18〜19インチホイールを装着する。それに合わせてブレーキ径は拡大され、ブレンボ製の6ポッドキャリパーを備える。


インテリアにはスポーツ走行に適したアルカンターラ表皮の専用バケットシートが奢られており、インパネには走行モードや車内環境をカスタマイズできる7インチマルチTETモニターによる「RENAULT MULTI-SENSE(ルノー・マルチセンス)」も採用される。

新型メガーヌ.R.Sのジャパンプレミアに合せて「ルノー・スポール・カーズ」からパトリス・ラティ代表も来日。

「メガーヌ R.S.は、いかにコーナリング性能を引き上げるかに主眼を置いて開発しました。その答えが4コントロールなのです。もちろんエンジンに最高のパフォーマンスを発揮します。そしてトランスミッションは6速EDC(DCT)と6速MTを用意しました」とコメントした。


気になる日本導入時期と価格についてルノー・ジャポンの大極司代表に話を聞くと、「まだハッキリしたことは申し上げられませんが、発売時期は来年夏以降、価格は現行モデルよりも少し高くなると思います」とのこと。現在発売中のメガーヌ R.S. 273の車両価格は399万円だが、新型メガーヌはそれより価格が上昇し、400万円以上になることは間違いないようだ。

また、ルノー車の右ハンドルモデルというとどうしても気になるのがステアリングとペダルのオフセットである。懸念した通り、ブース内に展示されていた新型メガーヌGTにも若干オフセットが見られた。走りを楽しむモデルとしては残念な部分ではある。そこで大極司代表に「左ハンドルモデルの導入予定はないのか?」と尋ねたところ、「現時点では考えていません。安全性や使い勝手、国内ユーザーのニーズを考えると左ハンドルモデルは積極的に入れることができません。ただし、左ハンドルを求める声があることは承知しています。将来的には限定車として少数を輸入する可能性は否定しません」との言葉をもらった。


ルノー・ブースには、新型メガーヌ.R.Sのほかにも、11月9日から発売を開始する新型メガーヌ GT、ルーテシア R.S.、トゥインゴ GT、F1コンセプトモデルが展示されていた。ルノーの日本戦略はスポーツモデルを中心に考えていることが今回のブースの展示車両からも窺えた。


Related Gallery:Renault Tokyo Motor Show 2017