【ビデオ】『ニード・フォー・スピード・ペイバック』のストーリーを示唆する予告映像が公開!
人気カーアクション・ゲーム最新作『ニード・フォー・スピード・ペイバック』の予告映像の中で、11月10日に発売予定のこのゲームでは『ワイルド・スピード』シリーズを思わせる印象的な強盗シーンやカーチェイスが繰り広げられることが明らかになった。最新のストーリー・トレーラー映像によると、映画シリーズに近いストーリーを展開するようだ。仲間たちと組んで(ガラガラ声のスキンヘッドの男からはまだ"ファミリー"とみなされていないようだが)、大金を賭けたストリート・レースや闇の犯罪組織に挑み、ドラマチックなセリフも満載だ。

この予告映像で最も注目すべきは、仲介人のリナ・ナヴァロと主人公の1人であるタイラー「タイ」モーガンだろう。リナは全てがタイに不利な状況だと言い、「あなたも運が尽きそうね」と告げる。タイは真剣な声でこう言い返す。「運なんて関係ない」。ラスベガスに似た架空の街シルバーロックやザ・ハウスと呼ばれる犯罪組織という舞台設定により、もちろん効果も高まる。

このゲームでは、そんないかにもという感じの会話に加えて、もちろん多くの爆発やスタントが用意されている。ストーリーも興味深い。この予告映像では、ザ・ハウスに裏切られたタイが仲間のショーン「マック」マカリスターやジェシカ「ジェス」ミラーと共に、ザ・ハウスを倒すべく、復讐に打って出ることを示唆している。ケーニグセグ「レゲーラ」を盗んだり、タイが爆発で殺されかけたりするらしい。この展開に関わるには、街で一番のストリート・レーサーになり、ザ・ラッシュと呼ばれる大規模なレースにエントリーすればよい。少々やり過ぎのような気もするが、それは必ずしも悪いことではないだろう。時にはリラックスして、爆発や速いクルマ、高額の賭け事といったワイルドな空想の世界に身を投じるのも楽しいものだ。この『ニード・フォー・スピード・ペイバック』がそんな望みを全て叶えてくれるだろう。




By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
【ビデオ】『ニード・フォー・スピード・ペイバック』の最新予告映像が公開! 収録車種やレースの種類も明らかに

■関連動画