ヤマハ、世界初公開となる6モデルを含む20モデルを東京モーターショーに出展!
Related Gallery:YAMAHA MOTOROiD

ヤマハは10月25日に開幕する第45回東京モーターショー2017(一般公開日:10月28日〜11月5日)で、合計20台にもおよぶ大々的な展示を行うという。そのうち世界初公開となるものが6台、国内初公開となるものは4台だ。出展車両の全てが二輪車というわけではなく、少なくとも1台はオートバイとクルマを掛け合わせたような四輪車だ。ヤマハによると「自動車のデザイン・コンセプト・モデル」も披露されるそうだが、現在のところ情報は一切明かされていない。願わくば、前回の東京モーターショーで発表された、750kgという軽量な車体に3気筒エンジンをミドシップに搭載したスポーツカー「スポーツライド コンセプト」のようにクールなクルマであってほしいものだ。

今回の東京モーターショーで初登場となる市販モデルについてはまだ明らかにされていないが、コンセプト・モデルについてはいくつか事前情報が公開されている。その中で世界初公開となる最新モデルは、オートバイの「MOTOROiD(モトロイド)」と、リーニング・マルチ・ホイール(LMW)の「MWC-4」だ。

MOTOROiDはデザインだけを見ても素晴らしい。そのルックスを未来的かつ野性的なものにしているのは、凝縮されたシンプルなコンポーネントだ。フレームのベース部分に装着されている3本のシリンダー型バッテリーがクールな印象を与える。その姿は巨大化した単3乾電池のようだ。それぞれのパーツが曲線を描いているので、全体的に有機物のように見える。これは故意にそうデザインされたものかも知れない。というのも、このMOTORiDはAI(人工知能)を搭載しており、ヤマハによれば、オーナーの存在を認識できるだけでなく「まるで生きているようなインタラクション(相互作用)機能」を持つというのだ。


Related Gallery:YAMAHA MWC-4

MWC-4は、ソフトウエアとテクノロジーの面から見ればそれほど先鋭的ではないが、なかなか興味深い乗物に仕上がっている。パワー・ユニットは電気モーターと発電用ガソリン・エンジンを組み合わせたもので、スタイリングは、ヤマハによると「モーターサイクルと楽器からインスパイアされた」とのことだ。これに高度な姿勢制御技術を搭載し、「新感覚の走行フィーリング」を実現するという。今はヤマハの言うことを信用するしかないが、トヨタ「i-Road」ルノー「トゥイージー」の間のようなクルマは運転が楽しいに違いない。


Related Gallery:YAMAHA MOTOBOT Ver.2

2015年の東京モーターショーで公開された「Motobot(モトボット)」の最新バージョンも登場する。これはヤマハが自律ライディング・ロボットとして開発しているヒト型ロボットで、ちょっと薄気味悪くも感じられる。2017年バージョンでは「200㎞/h以上でのサーキット走行」と「MotoGPのトップライダー、バレンティーノ・ロッシ選手とのバトル」ができることを目指して開発されたという。

以上の3台が世界初公開となる。他に「自動車のデザイン・コンセプト・モデル」と、あと2台のワールド・プレミアが用意されているはずだ。


電動アシスト自転車の「YPJ」シリーズでは、市販モデルに近づいたというマウンテンバイク「YPJ-XC」が日本初公開される。

今回の東京モーターショーにおけるヤマハ・ブースは「YAMAHA FUTURE GARAGE 響きあう未来へ。」をテーマに掲げ、小型モビリティを基幹事業とするヤマハならではの「もっとひろがるモビリティの世界」を提案するとのことだ。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画