Related Gallery:Mercedes-Benz E 220 d 4MATIC All-Terrain

メルセデス・ベンツ日本は9月26日、「E 220 d 4MATIC All-Terrain(オールテレイン)」を発表。同日より販売を開始した。

現行型「Eクラス」ではセダン、ステーションワゴン、クーペに続く、第4のボディ・タイプとなるE 220 d 4MATIC オールテレインは、SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランスに、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたメルセデス・ベンツ初のクロスオーバー・モデル。



エクステリアはEクラス ステーションワゴンをベースに、メルセデスのSUVモデルに共通する2本のフィンをあしらったラジエーターグリルを採用し、前後バンパー下部にシルバークロームのアンダーライドガードを、そしてフェンダーにはブラックのホイールアーチカバーを装着。オフロード走行に備えるSUVらしさが演出されている。

最低地上高は25mm引き上げられ、電子制御式エアサスペンション「AIR BODY CONTROL」を装備。車速や走行条件に応じて減衰力が常に最適に保たれるだけでなく、スイッチ操作によって車高を0mmから35mmまで、3段階に変更することも可能だ。専用の19インチ・ホイールに装着されたタイヤは、前後とも245/45R19サイズとなっている。



全長4,950mm × 全幅1,860mm × 全高1,495mmというサイズは、Eクラス ステーションワゴンよりも10mmずつ長くてワイド、そして30mm車高が高い。メルセデスでは高いアイポイントと乗り降りしやすさというSUVの特長を持たせながら、一般的な駐車場に入るサイズに収めたとしている。



パワートレインは、粒子状物質除去フィルターとSCR触媒コンバーターを統合したsDPF(DPF with SCR Coating:選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルター)を採用するメルセデス最新のディーゼル、2.0リッター直列4気筒「BlueTEC」エンジンを搭載。最高出力195psと最大トルク400Nmを発生する。これに9速オートマチック・トランスミッション「9G-TRONIC」と、可変トルク配分型4輪駆動システム「4MATIC」が組み合わされる。Eクラスで4輪駆動のディーゼルが選べるのはこのモデルだけだ。JC08モード燃費は当然ながら後輪駆動のステーションワゴンには劣るものの、16.8km/Lを記録したという。なお、ドイツ本国でもオールテレインにガソリン・エンジンの設定はない。



ドライブ・モード切り替えシステム「DYNAMIC SELECT」には、専用の「All-Terrain」モードが追加されており、これを選択するとトランスミッションがオフロードモードに切り替わり、AIR BODY CONTROLは35km/h以下の速度で車高を20mm引き上げて悪路や雪道に対応する。さらにコクピットの「COMAND」ディスプレイ には「ステアリング角度」「車高」「前後および左右の車体の傾き」「ブレーキとアクセルの状態」「コンパス」を表示する専用画面が表示される。

本革張りの内装は「ブラック」「ナッツブラウン」「マキアートベージュ」の3色を設定。インテリアトリムはオールテレイン専用の「ブラッシュドアルミニウム」となる。



最低地上高を引き上げて走破性を高めたステーションワゴンという形態は、メルセデスが最初というわけではない、というかご存じのように、スバルの「アウトバック」が先鞭を着けアウディの「オールロード クワトロ」が拓いたジャンルではあるが、メルセデスのこういうモデルを待っていたという方も多いはず。このセグメントでディーゼル・エンジン(のみ)というのも、他にはない特徴となる。ディーゼルの導入に積極的なボルボの「V90 クロスカントリー」でさえ、現在日本で販売されているのはガソリン・エンジン搭載モデルだけだ。

E 220 d 4MATIC オールテレインの価格は861万円(消費税込み)。同じエンジンを搭載する「E 220 d ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)」よりも22万円ほど高いが、未舗装路や雪道でお乗りになる方であれば、価格差以上の価値が感じられるに違いない。


メルセデス・ベンツ日本 公式サイト
https://www.mercedes-benz.co.jp


Related Gallery:Mercedes-Benz E 220 d 4MATIC All-Terrain


■関連記事
・メルセデス・ベンツ、ラフロード対応ステーションワゴン「Eクラス オールテレイン」を発表
・メルセデス・ベンツから、ポータルアクスルを備えた「Eクラス オールテレイン 4x4²」が誕生!
・メルセデス・ベンツ、荷室の設計には日本の文化を見習った、 新型Eクラス ステーションワゴンを発表!