Related Gallery:Nissan Leaf

日産自動車は9月6日、「技術の日産」の粋を結集し最先端のe-パワートレインを搭載した新型「リーフ」を初公開した。発表会は千葉県幕張にある幕張メッセで開催された。



日産自動車株式会社 代表取締役社長兼最高経営責任者 西川廣人氏は次のように語り、リーフをワールドプレミアとして正式に発表した。

「まさに世界が本格的なEVの時代へ動き出した、このタイミングで"技術の日産"の粋を詰め込んだ、新型リーフをお届けできることは、素晴らしいチャンスをいただいたと思っており、大いに気合をいれているところでございます。 初代の持っておりました 『時代の先駆者としての役割』からさらに進化して、この新型日産リーフはまさに、今後の日産のコアとなる実力を持ったクルマであります。ニッサン インテリジェント モビリティをけん引するクルマだということであります。航続距離はJC08モードで400km、現行車に対し40%増という飛躍的な向上をしております。実用面で距離の不安が払拭できる十分な航続距離を確保しております」



「次に自動運転の進化。『セレナ』『エクストレイル』ですでにご好評頂いております、"プロパイロット"を採用しております。さらにこの技術を発展させて、"プロパイロット パーキング"を搭載しております。車庫入れ、それから縦列駐車等、非常に簡単な操作で安全に行うことができます。また、ワンペダルでの運転操作、『ノート』で好評をいただいておりますが、今回"e-Pedal"としてさらに進化版を搭載いたしました。また、デザインや内装について、先進的なイメージに加えて、EVならではの加速、それから低重心を活かした運動性能の良さ、こういうものを、クルマの特徴と調和したイメージとなるよう仕上げております」



EV事業の責任者であり"ニッサン インテリジェント モビリティ"の牽引役でもある副社長 ダニエレ・スキラッチ氏は次のように語り、新型リーフの技術に対する大きな期待と自信を表した。

「新型日産リーフは、単なる電気自動車ではありません。もちろん、100%電動でゼロ・エミッションのパワートレインを搭載していますが、新型日産リーフを、ただ"電気自動車"と呼ぶことでは、このクルマで実現させた独創性の全てをお伝えすることはできません。また、このクルマの持つ大きな可能性も語りつくすことができないのです。電気自動車とは『想像力と創造力』の一部であり、よりわくわくするドライビングとカスタマーエクスペリエンスを提供し、より良い世界の実現に貢献します。日産リーフが単なる電気自動車ではないと申し上げたのはそのためです。日産リーフは、ニッサン インテリジェント モビリティの本質そのものであり、人々をより良い世界へと導くための日産のビジョンなのです」



「ニッサン インテリジェント モビリティには、3つのカギとなるイノベーションがあります。それは、自動運転、電動化、そしてコネクテッド・カー技術です。これらのイノベーションにより、お客さまに優れた商品をお届けし、より良い生活をご提供します。新型日産リーフにお乗りいただくお客さまには、インテリジェント ドライビング、インテリジェント パワー、インテリジェント インテグレーションの全てを一度に体感していただけます。新型日産リーフは、市販されている電気自動車の中で、最高の技術を搭載し様々な市場で販売され、これからも量販電気自動車のリーダーであり続けます。新型日産リーフは、単なる電気自動車ではありません。お客さまの声を聞き、経験を積んできたからこそ、適切な技術を載せた、適切なクルマである新型日産リーフを、適切なタイミングに発売できるのです。そして、それがたまたま電気自動車だったということです。新型日産リーフは、まさに日産の未来です。とにかく素晴らしい未来なのです」



日産自動車株式会社 副社長 製品開発担当 坂本秀行氏からは、リーフの魅力と新しい価値を生み出しているテクノロジーについて語られた。

「まず最初に自動運転技術のプロパイロットの採用です。昨年発表いたしましたミニバン『セレナ』、およびSUVの『エクストレイル』に搭載し、大変お客様からご好評いただいている技術です。このシステムは、設定車速を上限に、ステアリング、アクセル、ブレーキ操作をすべて自動で制御し、高速道路の単一車線で自動でクルマを走行いたします。新型日産リーフでは、さらにモーター走行による応答性の良さ、またスムースでリニアな加速により、あたかも人が運転しているような自然な感覚を実現できております。EVと自動運転技術の組合せはとても相性が良く、高速道路や渋滞時の運転の疲労軽減や、高い安全性に貢献できております。新開発のプロパイロット パーキングは、アクセル、ブレーキ、また切り返しなど、非常に複雑なハンドル操作、前進・後退のシフトチェンジ、また最後のパーキングブレーキ、全ての駐車操作を自動制御しております。世界初のクルマの全周囲を見る4つのカメラと、12個の超音波センサーのコンビネーションにより、指一本、わずか3つの操作で、停めたい場所にぴたりと駐車いたします。さらに、新技術のe-Pedalについてご紹介させていただきます。アクセルペダルの操作だけで、クルマの発進、減速、さらに停止保持まで可能な本格的なワンペダルを実現できております。また、摩擦ブレーキとの協調により、登りや下りの急な坂道でもブレーキを踏まずにクルマの停止保持が可能となっております。新型リーフの心臓部であります"e-パワートレイン"は、日産独自のインバーター技術により、従来に対し飛躍的に出力を向上させました。110kWのハイパワーモーターが、EVの非常になめらかで力強い加速を提供いたします。また、40kwhの新型大容量バッテリーの開発により、これまでのリーフに対して40%以上も航続距離を拡大し、JC08モードで400㎞を実現しました。これは初代リーフと比べて2倍の航続距離となっており、より多くのお客様に受け入れていただけるEVとなっております。さらにオプションとしてご用意している6kWの高出力充電器を使っていただくと、充電時間は従来と同等となり、夜間電力だけで満充電が可能です。これまで日産が培ってきた電動化・知能化技術を惜しみなく投入した新型日産リーフは、お客さまに一歩先の未来の技術の驚きとワクワクを感じていただけるクルマだと確信しております」。




日産自動車株式会社 専務執行役員 グローバルデザイン担当 アルフォンソ・アルベイザ氏は、デザインとインテリアについて次のように語った。

「新型日産リーフのデザインは"電気自動車はどこまで進化したのか"、そして"日産のビジュアルランゲージはどこへ向かうのか"という2つを表現しています。今や、お客さまの電気自動車に対するイメージは変わりましたが、新型日産リーフのデザインは、引き続き最先端のものです。そのデザインは、すべての日産車に反映されている"エモーショナル・ジオメトリー"と呼ばれる日産のデザインDNAの最先端を行き、ニッサン インテリジェント モビリティを体現する役割を果たしています」



「まず皆さんの目に映るのは、当社のデザイナーとエンジニアが作り上げた、シャープかつダイナミックな印象を与える低重心でスリークなプロポーションだと思います。よりワイドなスタンスとすることで、低重心による安定感が増しました。これによりクルマがしっかりと接地することで、より意のままのドライビングをお楽しみいただけます。フロントはモダンで表情豊かなデザインとしています。日産デザインのアイコンである"Vモーション"グリルからつながるラインが、見る者の視線をフードからボディサイドへと誘導します。LEDヘッドランプにはブーメラン形状のデザインを採用し、大胆さ、ハイテク感、ダイナミック感を与えています。弾丸のような形状が、風の流れをルーフやボディサイドへスムーズに流します。リヤに向かって細くなっていく形状とすることで空力性能を向上しながら、タイヤにかかるフェンダーがスポーティさを演出しています。後ろから見ると、テールランプ、リヤガラス、ウィングフィニッシャーをつなげることで、ダイナミックな一体感ある動きをデザインします。シャープでありながら空力性能の高いリヤフェンダーは、日産リーフが走り去った後でも強烈な印象を残します」



「車内は、静かで調和の取れた、現代的な室内環境が広がります。センターディスプレーやハイテクメーター、"E‐シフター"など、指先に触れるものから視線の先に映るものまで、まさに、ニッサン インテリジェント モビリティを体現しています。また吸音性の高いガラスを採用し、さらに車外音を最小限に抑えたことで、心から安らげる空間と、電気自動車にしかない静かな乗り心地を実現しています。日産が長い歴史の中で培ってきた独創性と、将来に向けたビジョンを融合させた新型日産リーフは、お客さまにあらゆる場面で一歩先を行く感覚を与えるデザインとなっています」。




日産自動車株式会社 専務執行役員 日本事業担当の星野朝子氏は「今日は、日産にとって、世界の電気自動車のリーダーとして、そして日本のDNAを持つ会社として、誇れる日となりました。ホームマーケットであるここ日本で、新型日産リーフを初披露し、さらにその日本のお客さまに、10月2日より世界に先駆けてこの商品をお届けできることを非常に嬉しく思います。充電ネットワークの拡充と、バッテリー技術の進化により、新型日産リーフでは航続距離への不安は払拭されました。平均的なドライバーであれば、充電は週に一度で済みます。販売価格についても革新的な設定をいたしました。プロパイロット、プロパイロットパーキング、e-Pedalなど、先進技術を満載しながら、これまでの日産リーフと同価格帯でお客さまに提供いたします」と世界に先駆けて日本に投入する喜びを語った。



今回の新型「日産リーフ」は、まず日本で10月2日に発売される。米国およびカナダ、また欧州では2018年1月よりデリバリーが開始される予定。メーカ希望小売価格(税込)は、「S」315万360円、「X」351万3240円、「G」399万600円の3グレードとなっている。

バッテリーは容量40kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。電気モーターは最高出力110kW(150ps)/3283~9795rpm、最大トルク320Nm(32.6kgf・m)/0~3283rpmを発生する。JC08モード(国土交通省審査値)の航続距離は400km。充電時間(普通充電)は3kWでは16時間、 オプションの6kWなら8時間。急速充電を使えば、80%まで40分で充電可能だ。ボディサイズは全長4480mm × 全幅1790mm × 全高1540mm。


日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/


Related Gallery:Nissan Leaf