ハーレーダビッドソンの2018年モデルは最もスポーティな「V-Rod」が廃止、「ダイナ」が「ソフテイル」に統合
ハーレーダビッドソンはクルーザーを単に得意としているだけでなく、このセグメントを事実上掌握している。もし同社が最初にブランドとして確立したオートバイが大衆受けしなかったら、ホンダ「シャドウ」やカワサキ「ヴァルカン」、スズキ「ブルバード」、ヤマハ「スター」は現在の形態で存在しなかったかもしれないのだ。そんなハーレーが2018年に販売するオートバイのラインアップは、長く、低く、あまり速くないという形容詞が当てはまるモデルばかりになるだろう。なぜなら、2018年に「V-Rod」は廃止されているからだ。

何もハーレーやそのライダーを貶しているわけではない。我々だって、同社の「スポーツスター」や「ダイナ」、「ソフテイル」、「ツアラー」で何万kmもの走りを楽しんできた。しかし、我々が長年気に入っているのは「VRSC」ファミリーだ。ハーレーの中では非常に高いパフォーマンスと、同じブランドのバイクとは思えないほど他のファミリーと大きく異なるルックスを持っている。だが、どうやらそれが問題らしい。

また、2018年モデルでは、ダイナ・ファミリー(リア・サスペンションが露出している)がソフテイル・ファミリー(リア・サスペンションが隠れている)に統合される。財政的には賢明な動きなのだろうが、そうなると、同社のビッグツイン・バイクのほぼ全てが極めて似通ったものになってしまう。

ハーレーの純粋主義者たちはダイナの消滅を嘆いているが、我々がガッカリしているのはV-Rodの方だ。ポルシェと共同開発された水冷エンジンを搭載することで、VRSCファミリーはハーレーに対する我々の見方を変えた。良い方向へだ。決して同社の採算に大きな影響を与えるほどには売れなかったが、パワーとスタイルを兼ね備えた正真正銘のパフォーマンス・モデルを敢えて提供しようというハーレーの意気込みが表れていたのだ。寂しくなる。


By JEREMY KORZENIEWSKI
翻訳:日本映像翻訳アカデミー