【ビデオ】ケン・ブロック、新作ビデオ『テラカーナ』では砂煙を巻き上げダートを疾走!
インターネットでクルマ関連の動画を観るのがお好きな方なら、ケン・ブロックの『ジムカーナ』はご覧になったことがあるだろう。ブロックはこれまで、スバルフォードのクルマを操り驚異的なドライビング・テクニックを見せてきた。『ジムカーナ』シリーズは第9作まで公開されているが、今回は新たな分野に挑戦した新しいビデオを完成させた。新作ではブロックが初めて、ダートを駆け巡っているのだ。

舞台が変わると共に、タイトルも新しく『テラカーナ』と名付けられた。この最新ビデオでブロックは、自身のラリークロス車であるフォード「フィエスタ RX43」に乗り、ユタ州にあるオフロード・コース、スイングアーム・シティを疾走する。人気のない乾燥した荒野に切り立つ岩。ブロックはスタートすると、その頂上部まで駆け上がり急降下する。

まるでフィエスタは重力から解き放たれているかのようだ。ブロックは何度もフィエスタを高くジャンプさせ、ほとんど垂直に見える急斜面を駆け上がり、頂上付近でドリフトを決める。ダートを走り抜けることで大量に舞い散る砂煙の演出も見事だ。ビデオ中盤で見せるドーナツターンも、砂煙の中ではかなりの難度であることは明白だろう。過去のジムカーナのように、建物の出入り口の隙間をすり抜けたり、障害物に囲まれてドーナツターンをしたりなど、数センチ単位の神業的なドライビング・コントロールは見られないが、壮大な舞台とカメラワークによってこの作品も最高の仕上がりとなっている。ビデオは約5分間なので、この週末に時間がある方は是非ご覧いただきたい。




By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー