ご遺体の搬送もOK!! 光岡自動車が新型寝台霊柩車「フュージョン」を発売!! リンカーンの霊柩車も販売開始 
Related Gallery:2017 Mitsuoka Fusion

光岡自動車は、2017年8月23日より、寝台車としての利便性を保ちながら、霊柩車としても使用できる新しいタイプの霊柩車、 新型寝台霊柩車「フュージョン」を発売することを発表した。

フュージョンは、 少子高齢化社会により支出を抑えたいわゆる家族葬などの多様化する葬儀形態の増加や、 葬祭業界の常態的な人材不足を補うための業務の汎用性と効率化を求める顧客のニーズに応えるために開発された車両だ。

そのため、寝台車としての利便性と、霊柩車としての機能を兼ね備えた特長を持ち、ご遺体の病院等からの搬送業務と霊柩業務の二役を一台で担うことができる多機能車となっている。

ミニバンをベース車に、クォーターピラーには「KIZASHI (キザシ)」と名付けられた、世界初となるLEDランドボーを装備し、近未来的な意匠が施されている。また、「KIZASHI」から連続するリアゲートガラスを、左右に覆うような 造形により、リアビューをより先鋭なスタイルに仕上げている。

なお、この特徴的な造形とLEDランドボーに よって、より印象深く付加価値の高いお見送りのシーンを演出できるとのことだ。


棺室内は、機能を重視したシンプルな通常の寝台車とは異なり、霊柩車として使用される場合でも満足できるよう、キルティングステッチのレザー装飾をはじめ、LED照明や化粧パネル、高級ステンレス棺台などを品よく装飾し、高級感あふれるデザインに仕上げられている。

フュージョンは、トヨタの「アルファード」「ヴェルファイア」「エスティマ」で架装することができる。 融合を意味するフュージョンの言葉の通り、寝台車としても、霊柩車として も、今後多様化する葬儀形態のニーズに融合するモデルに仕上げられているのだ。


今回、合わせて世界でも有数の特装車両専門メーカーであるアメリカのクオリティコーチワークス社と正規取扱店契約を交わし、日本国内でリンカーン「MKT センターストレッチリムジン」も発売する。



ボディサイズは、ホイールベースを延長し、全長7,215mm × 全幅1,955mm × 全高1,750mmとなっている。棺室は2,100mm棺まで対応しているので、長身の方でも安心して出棺できる。なお、乗車定員は5名で、4輪駆動となっている。

ちなみに、購入される読者はあまりいないと思うが、価格は1,485万円(消費税込)となっている。

なお、新型寝台霊柩車フュージョンと輸入霊柩車リンカーン MKT センターストレッチリムジンは、8月23~25 日、東京ビッグサイトで開催されるエンディング産業展2017(ENDEX)の光岡ブースにて初お披露目予定だ。

余談ではあるが、フォードには同名の「フュージョン」というモデルが、またスズキには「キザシ」というモデルがあったが、フォードは日本市場から撤退し、スズキのキザシは生産終了となっている。今は亡きモデルを思いださせるような商標を採用したのも意図的だったのだろうか。

■光岡自動車 公式サイト
http://www.mitsuoka-motor.com/