【ビデオ】シボレー、来季から「カマロ ZL1」でNASCARに参戦!
Related Gallery:2018 Chevrolet Camaro ZL1 Nascar

2013年以来、GMシボレー「SS」NASCARの最高峰カテゴリに参戦させてきた。SSは生産終了となってしまったが、シボレーがNASCAR参戦を止めることは有り得ない。GMは8月10日、SSの後継としてモンスター・エナジー NASCAR スプリント・カップ・シリーズに出場する2018年型「カマロ ZL1」のレースカーをデトロイトで発表した。

GMグローバル製品開発部のマーク・ロイス上級副社長と共にこの発表会場に現れたのは、シボレーのマシンに乗って7度もチャンピオンに輝いたことがあるジミー・ジョンソンだ。新型カマロ ZL1は来年2月、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われるレースでデビューする。

Seven-time NASCAR Cup champion Jimmie Johnson — driver of the #48 Lowe’s Chevrolet for Hendrick Motorsports - drives up in the Chevrolet 2018 Camaro ZL1 NASCAR Cup Race Car at it's world debut Thursday, August 10, 2017 in front of the General Motors Renaissance Center Global Headquarters in Detroit, Michigan. The Camaro ZL1 will make its competition debut next February during Daytona Speedweeks, which kicks off the 2018 NASCAR season. (Photo by John F. Martin for Chevrolet)

多くのNASCAR出場車両と同様、このカマロも公道を走る市販モデルとは外観が似ているだけだが、先代SSのレースカーと比べると、こちらの方が市販車に近いように見える。だが、ボディパネルの内側は、他の参戦車両と共通だ。フード下に搭載するバンク角90度のプッシュロッド式5.8リッターV8エンジンは900hp近いパワーを発生する。エンジンと同じく、チューブフレーム構造のシャシーやエアロパーツの多くはライバルたちと共有する。

Based on the 650-hp, supercharged Camaro ZL1 production model, the new Camaro ZL1 race car for the Monster Energy NASCAR Cup Series kicks off a new era in Chevrolet motorsports.

カマロのNASCAR参戦は今回が初めてではない。だが、ZL1と呼ばれる新型カマロのボディを纏って参戦するのは初めてだ。同型の「カマロ SS」は、NASCARの下位カテゴリーであるエクスフィニティ・シリーズに参戦する。この2つのクルマが速いことは間違いないだろう。だが、どちらかといえば我々が好きなのは、ショールームで見る市販車により近い共通点を感じられるシボレーの新型GT4マシン「カマロ GT4.R」の方である。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Chevrolet Camaro ZL1 Nascar


■関連記事