プジョー・シトロエン・ジャポンは、新型シトロエン を発表し販売を開始する。
2002年初代の発売以来、全世界で350万台以上を売り上げたシトロエンのベストセラーのC3が、モデルチェンジを行なった。シトロエン全体の販売台数の内、実に5台に1台がC3となっている。(日本では3台に1台の割合)


 新型C3のエクステリアは、高く立ち上がったフロントエンドから水平基調のウェストラインへと連続したデザインとし、安心感や安定感のある印象を表現している。


 特徴的なフロントは、上下2分割のヘッドライトとLEDデイタイムランニングランプや大型なボディ同色バンパー、真横に伸びる2本のクローム装飾はワイドさを強調。サイドビューは、黒いAピラーによってルーフが浮き上がって見えるのが特徴的で、張りのあるルーフラインはダイナミックなプロポーションを強調している。リアエンドは、幅を強調するデザインを採用し、三次元的なデザイン効果のあるリアランプとプロテクション効果の高い大型バンパーを装備した。


 6つの空気入りカプセルからなるエアバンプは、C4カクタスで最初に導入され、エア封入の軟素材が、紫外線や降雨、経年劣化、キズ付きなど日々のリスクに対しても高い耐性を持ち、さらに、ドアの下部分に取り付けられた事でシトロエンのデザイン・シグネチャーにもなっている。


 インテリアは、自動車界の外からインスピレーションを得ており、トランクのストラップから着想を得たドアハンドルなど、ちょっとした"遊び"の感覚を演出している。


 広々とした室内の居心地の良さは、水平基調のデザインを採用した事がおおきく起因している。ダッシュボード形状に両端のエアコン吹き出し口のみクローム加飾があるのも、幅を強調するための手法が取り入れられた。シートは、ゆったりしていると同時にユニークなデザインも与えられコントラスト感のある素材の選び方も、自動車以外からの価値観の導入を感じさせる。


 また、新型C3には、自動車として世界初の装備としてシトロエン・コネクテッドカム(オンボードカメラ)が搭載され(フロントウィンドーから前方へ向けて設置)、GPSセンサーと16GBメモリーを内蔵、207万画素のフルHDセンサーは画角120度のレンズ越しに旅行中に出会った風景などを写真やムービーとして撮影し、スマートフォンを介してシェアすることが可能だ。


 新型C3は、最新世代のPureTechガソリンエンジンを搭載し、この1.2リッター直列3気筒ターボエンジンは、3年連続でエンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。 ギアボックスは、6速オートマチック(EAT6)が組み合わされた。


 新型C3には、安全性と快適性の両面からドライバーを補佐する充実したドライバー・アシスタンスが用意された。


 新型C3の希望小売価格(消費税込み)は、FEEl 2,160,000円、SHINE 2,390,000円。また、新型C3のデビューを記念してC3 SHINE DEBUT EDITIONを限定200台(消費税込みの価格は2,260,000円)で販売。

Related Gallery:CITROEN C3

■シトロエン 公式サイト
http://www.citroen.jp/home.html