日野自動車は、中型バス「日野メルファ」を改良し、平成28年排出ガス規制に適合させ、全車にAMT(機械式自動変速機)を搭載して7月21日に発売します。


 今回の改良では、エンジンを従来のJ07E型(6.403L)からダウンサイズし、新型A05C型(5.123L / 162kW(220PS)・794N・m(81kgf・m))に変更。トランスミッションは、全て6速AMT「ProShift(プロシフト)6」とし、ドライバーを変速操作から解放し運転時の負担を軽減するだけでなく、電子制御により最適な変速を行い、エンジンのトルクと燃費を向上従来の5速AT車に対し、約9%の燃費向上)させ、尿素SCRを採用し平成28年排出ガス規制に適合させた。


 大径化した新型メーターは、液晶表示を採用して視認性を向上、一部灯火類をLED化する等、商品性の向上を図った。

 日野メルファの希望小売価格(消費税込み)は、ロイヤルサルーン 35人乗り 21,238,200円、日野メルファ デラックス 45人乗り 16,524,000円。日野メルファシリーズ全体の年間目標販売台数は200台。
Related Gallery:HINO MELPHA
■日野自動車 公式サイト
http://www.hino.co.jp/