Related Gallery:SUBARU LEVORG 2017

SUBARUは、ツーリングワゴンの「レヴォーグ」に大幅な改良を施したモデルを7月3日に発表し、8月7日に発売する。


Autoblog
今回の大幅改良では、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をSUBARUとして初搭載し、ロングツーリングの際の快適性と安心感が大幅に高められている。さらに、後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプなどの先進安全機能を新たに追加することで、全方位にわたってドライバーの安全運転を支援する。



エクステリアは、フロントグリルやフロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを刷新するとともに、フロントフォグランプにLEDを採用したことで、より精悍なフロントフェイスとしたほか、一部グレードには新しいデザインのアルミホイールを採用。また、ボディカラーには新色の「ストームグレー・メタリック」を新たに追加した。



インテリアは、インパネやセンターコンソール、センターパネルをはじめとする各種パネルの意匠を変更することで、より質感の高い操作性とデザイン性を両立している。そして、8インチのナビゲーションにも対応した仕様とし、ビルトインナビのデザインも一新されている。また、インパネ中央上部に搭載されている「マルチファンクションディスプレイ」を5.9インチの大型カラー液晶に変更し、より高精細に車両情報を表示することが可能となった。


更に、利便性を高めるためにリヤシートの分割方式を多彩なアレンジが可能な4:2:4分割に変更したほか、これまで本革シート装着車にのみに設定されていたシートヒーターを、「1.6GT EyeSight」を除くグレードに標準装備することで、気持ちの良いロングドライブをサポートする。


走行性能は、サスペンションと電動パワーステアリングの改良により、乗り心地や操縦安定性、操舵フィーリングが高められたほか、ボディの各所に振動騒音対策を施すことで走行時の静粛性が上がっている。また、1.6Lエンジンの制御を最適化し、実用燃費が向上した。レヴォーグの強みである最先端の安全性能やツーリング性能に更に磨きをかけることで、ドライバーが「いつまででも、どこまででも走り続けたい」と思える性能を実現している。


価格はそれぞれ消費税込みで、「1.6GT EyeSight」が282万9,600円、「1.6GT EyeSight S-style」が292万6,800円、「1.6GT-S EyeSight」が307万8,000円、「2.0GT-S EyeSight」が361万8,000円となる。

Related Gallery:SUBARU LEVORG 2017

■スバル 公式サイト
https://www.subaru.jp/

■関連リンク

スバル、STI完全監修の走りをより一層磨き上げた新型「レヴォーグ STI Sport」を8月7日に発売!!
https://jp.autoblog.com/2017/07/03/subaru-levorg-sti-2017/


スバル、よりスポーティーなフェイスと新機能を備えたアイサイト搭載の新型「WRX S4」を8月7日に発売!!
https://jp.autoblog.com/2017/07/03/subaru-wrx-s4-2017/


【試乗記】大幅に進化したSUBARU「アイサイト ツーリングアシスト」を体験試乗 「まるで運転の上手いロボットが手伝ってくれるような感覚」
https://jp.autoblog.com/2017/06/19/subaru-eyesight-touring-assist/