【ビデオ&フォト】BMW、3代目となる新型「X3」を発表! 高性能な「M Performance」も新たに登場
Related Gallery:2018 BMW X3

BMWは6月26日、新型「X3」を生産拠点の米国サウスカロライナ州スパータンバーグで初公開した。3代目となる新型X3には、数々の新しい機能や装備が採用され、さらに今回初めて、高性能な「M Performance」仕様も設定された。プラットフォームも刷新され、新世代エンジンに新技術を搭載した新型X3は、従来以上の優れた走りを約束している。

新型X3はこれまでと同様、BMWが"SAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)"と呼ぶ「X4」「X5」「X6」と共に、サウスカロライナ州のスパータンバーグ工場で生産される。先代のF25型は2010年から販売されており、世代途中のマイナーチェンジはあったものの、ついにフルモデルチェンジとなった。サイズは基本的に変わらないが、ホイールベースを5cm伸ばし、フロントのオーバーハングが切り詰められ、見事に理想的な50:50の前後重量配分を実現している。



スタイリングは基本的に、先代を進化させたものだ。ハンサムな小型SUVではあるものの、革新的なところはない。X5を一回り小さくして、単純にいくつか現代的な装いを与えたという感じだ。前輪の後方にはベントが設けられ、ヘッドライトとフォグランプ、テールライトはLED。ボンネットとサイドにはシャープなキャラクターラインが入れられている。Mパフォーマンス・モデルの「X3 xDrive M40」は専用エクステリアの大型ダクトやベントを際ただせるため、シルバーやクロームのトリムが控え目だ。



エクステリアと同様、インテリアも端正だが斬新ではなく、先代X3のデザインを踏襲している。ワイドでドライバー側に傾いたダッシュボード、フローティング・インフォテインメント・ディスプレイ、空調の操作系が並ぶレイアウトは従来通りだが、新型では3ゾーン式エアコンが導入され、パノラマ式ムーンルーフは250mm長くなった。後部座席は40:20:40の分割可倒式で、荷室側から倒すことができる。

フルカラーのヘッドアップ・ディスプレイは先代より75%大型化した。10.2インチのタッチスクリーンは、BMWの巧妙だが時々ぎこちなさが感じられるジェスチャー・コントロールに対応しており、さらに標準装備された最新バージョンの「BMW iDrive 6.0」では、複数の音声コマンドを使うことも可能だ。コネクティビティも向上した。専用アプリはiOS向けとAndroid向けが用意され、さらにApple WatchやサムスンGear S2とS3にも対応する予定だ。また、オーナーは燃料の残量などをAmazon Echoで確認することができる。

現代のクルマに当然期待される性能として、新型X3にも多数の安全機能が備わる。アダプティブ・クルーズ・コントロール、ブラインドスポットモニタリング、レーン・デパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、クロス・トラフィック・ウォーニング、トラフィック・ジャム・アシスタントの全てが採用され、さらに駐車したクルマの周囲をスマートフォンで俯瞰して見ることができる「リモート 3Dビュー」や、駐車場予約サービス「パークナウ(ParkNow)」によって、以前より駐車が楽になった。パークナウ・システムは過去のデータを参考に駐車場を案内してくれる。


Related Gallery:2018 BMW X3 M40i

新型X3に用意されるパワートレインは、欧州では5種類。「X3 xDrive20i」は最高出力184psの2.0リッター直列4気筒ガソリン・エンジンを搭載。「X3 XDrive30i」では同排気量ながら最高出力252psを発揮する。ディーゼルは190psの直列4気筒を積む「X3 xDrive20d」と、265psを発生する3.0リッター直列6気筒が搭載された「X3 xDrive30d」。そしてMパフォーマンス・モデルの「X3 xDrive M40i」は、最高出力360psと最大トルク500Nmを発揮する3.0リッター直列6気筒ガソリン・エンジンを搭載し、0-100km/hを4.8秒で加速するという。トランスミッションは全車8速AT。「xDrive」の名称が表すように全車4輪駆動だが、一部の地域には後輪駆動の「X3 sDrive20i」がやや遅れて投入されるという。

車両重量は先代の同スペックと比較すると、最大で55kgも軽減された。エアロダイナミクスも改善されており、Cd値は先代の0.33(F25型X3 xDrive20d)から0.29へ大幅に向上。キドニー・グリルにはアクティブ・エア・フラップ・コントロール(開閉式シャッター)が採用され、状況に応じて空気の流れを制御する。アンダー・ボディにはシーリングが施された。

欧州では2017年秋にまず2つのディーゼル・エンジン搭載モデルとX3 xDrive M40iが発売され、12月にX3 XDrive30i、2018年春にX3 xDrive20iが追加される予定だ。日本に来るのはその後だろうか。



By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー