Autoblog
アウディ ジャパンは、「A5シリーズ」のトップモデル「RS 5 Coupé」をフルモデルチェンジし、6月21日より受注を開始し、9月下旬の発売を予定している。

Autoblog
今回のフルモデルチェンジでは、エクステリアに「quattro」のロゴを配した専用のシングルフレームフロントグリルや、専用設計の前後バンパーと大型のエアインレット、リヤディフューザーを採用し、RSモデルらしいスポーティさを強調している。標準装備の「マトリクスLEDヘッドライト」はカラーベゼルを採用し、伝説のマシン「Audi quattro」を彷彿とさせるデザインのブリスターフェンダーによって全幅が15mm拡大され、よりワイドでダイナミックに仕上げられた。

パワートレーンは、新開発の2.9L・V6ツインターボエンジンを採用し、最高出力は331kW(450PS)、最大トルクは600Nmとなっている。さらに、8速ティプトロニックトランミッションと「quattroフルタイム4WDシステム」を組み合わせることにより、大パワーを確実に路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を持ちながらも、0-100km/h加速で3.9秒という驚異的な性能を発揮する。また、独自の燃焼方式である「Bサイクル」を採用することで、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)で100km走行あたり8.7ℓ(11.5km/L)の低燃費を実現している。

走行性能は、フロントサスペンションが改良型の5リンク式となり、リヤも5リンク式を採用することで、スポーティな走行特性と俊敏なハンドリングに加えて快適性も大幅に向上。「DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付スポーツサスペンションプラス」や、状況に応じて走行特性を調整可能とする「アウディドライブセレクト」も標準装備。

インテリアは、ダイヤモンドステッチングが施されたファインナッパレザーのSスポーツシートや、アルミニウムレースアンスラサイトのデコラティブパネルを配し、スポーティかつエレガントな仕上げとした。最新のインフォテイメントシステムは、メーターパネル内に設置された12.3インチのTFT液晶ディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめとする様々な情報を表示できる「アウディバーチャルコックピット」を標準装備。安全性能では「アウディプレセンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)」をはじめとする最新の安全技術とアシスタンスシステムが搭載されている。

価格は、8速ティプトロニック・quattroモデルで1,257万円(消費税込み)となっており、右ハンドル・左ハンドルの両仕様の取り扱いとなる。

■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp/