トヨタ車がヨーロピアン・スタイルのTRDになる!? 「アクア」用カスタマイズ・パーツがTRDから登場!! 
Related Gallery:2017 Toyota Aqua TRD

TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、トヨタアクア」の発売にあわせ、TRDパーツの発売を開始した。

トヨタエンブレムを取り外して装着するこだわりのフロントバンパーガーニッシュは、欧州で販売されている「AYGO」のように、ヘッドランプからグリルにかけてブラックアウトされ、TRDならではの、より精悍でスポーティな印象に仕上げることができる(装着することで全長が約5㎜プラス)。

その他、フロント周りでは、オリジナルより全長が約65mmプラスし、地上高が約15mmダウンするフロントスポイラー、フォグランプガーニッシュ(LED付)などもラインナップされている。


リヤでは、オリジナルより約30mmプラスとなるリヤバンパースポイラー、テールゲートスポイラーが用意されている。

こちらのテールゲートスポイラーを装着するとトヨタ・エンブレムが隠れるということなので、TRDのエアロをフルコンプリートすると、クルマの知識があまりない人からは、トヨタ車とは分からなくなるのだ。

前期型用のエアロでは、フロント・エンブレムは取り付けたままであったので、今回のエアロは、トヨタではなく、TRDになりきることが出来るエアロだ。

TRDになりきるために!?欠かせないのが、新しく登場したフロントフェンダーガーニッシュだ。

TRDのロゴはハイブリッド・エンブレムの下にしっかりと配置されて、駐車場で並んだ時にも、ノーマル・アクアではないことをアピールできそうだ。

その他、TRDと言えば機能部品が豊富だが、前期型に続き、今回もスポルティーボサスペンションセット、ハイレスポンスマフラーVer.Sほか、アルミホイールも16インチと15インチ合わせて5種類をラインナップしている。


注目のアイテムとしては、新たに登場した。サンシェードだ。

TRDロゴがスマートに配されたサンシェードは、通常のウィンドシールドガラスだけではなく、左右のフロントドアグリーンガラス に装着できるという優れものだ。

もちろん使用しない時はコンパクトにたたんで収納することが出来るので、これからの夏時期に重宝しそうだ。

アクアは販売台数が多いだけに、人とは一味違ったTRDアクアを作ってみてはどうだろうか。

■TRDアクア 公式サイト
http://www.trdparts.jp/aqua/index.html