クラシックなポルシェ再創造で知られるシンガー・ビークル・デザイン社が、最も低価格な製品を発表! ただしクルマではなく腕時計
Related Gallery:Singer Vehicle Design Track 1

シンガー・ビークル・デザイン社は、クラシックなポルシェ「911」を単にレストアするだけではなく、"再創造"することで有名だ。それは世界で最も美しく、最も入念に作り込まれたマシンに数えられる。しかし、当然ながらそんなクルマは安くない。手に入れるためには数千万円の金が必要だ。

そんなシンガー社が、これまでよりも遥かに手頃な価格の製品を発表した。ただし、クルマではない。腕時計である。この「Track1」と呼ばれるクロノグラフは、同社のクルマと同じように、値段ではなく品質を追求して製作された機械だ。



3万9,800スイスフラン(約455万円)という価格は、決して安いとは言えない。しかし、シンガーというブランドでは最も手が届きやすい製品だろう。スイス製のこの腕時計には、クラシックとモダンが融合されている。'60年から'70年代のクラシックなストップウォッチを思い出させるデザインだ。他の自動車ブランドから販売されている多くの腕時計とは違い、他社製の高級時計にロゴを貼り付けただけではない。デザインはシンガー社のオリジナルで、機械式ムーブメントも特別製だ。



この腕時計は、ドーム型のサファイアクリスタル製風防と、チタン製のケース、そして珍しく、非常に凝ったムーブメントが特徴だ。ムーブメントが特に興味深い。ストップウォッチの機能が文字盤の中心に備わり、通常の時と分の表示が外周に配置されているのだ。一般的なクロノグラフとは逆である。クロノグラフは60時間まで積算可能で、パワーリザーブも60時間となっている。数日間、置きっぱなしでも巻き直さずに使えそうだ。



ディテールは、シンガー社のクルマ、特に計器類を思い出させるような造りになっている。同社では「ローンチ・エディション」として初回50個の生産を計画しているが、おそらく文字盤のカラーやデザインが変更されたものが、すぐに増産されると思われる。


By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー